幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

宇宙の流れに乗ると物事はスムーズに行く。『グレイテストショーマン』を見ようとするものも2度も予約が出来ず、結果わたしに今一番必要であろうものへと導かれたって話。

f:id:sessionnaomi:20180419035848j:plain

◆自分を大切にするということ


ずっと『書く』ことは自分を表現することだった。

しかし、
いつの頃からか変に色気き(笑)書くという自己表現が外側に向くようになってしまった。自分の内側から浮かんで来た言葉ではなく、外側の人を意識した文章を書き始めていたのです。その為あんなに好きだった書くことが重荷になり、どんどん枯渇感を生んでしまっていた。

だからか、原点に帰れとばかりに『書く』と言うことすらも手放されているわたし。

そして、その変わりに2018年に入ってからはとことん内観させられてます。自分の深い部分と向き合い、自分の思考やら感情の癖に気づかされる日々です。

だけど、

2018年はとてもシンプルなので、すべてにおいて解りやすく答えがやってくる。

今日も「自分」を大切にすると言うこととはどういうことなのか?

改めて感じさせられる出来事が在ったのです。

★★★

先日少し時間が空いたので久々映画を観ようと思い立ちネットで調べてみました


そして私がチョイスしたのは『グレーテストショーマン』

いろんな所から『面白かった』とか『良かった』なんて声が聞こえて来たし、ヒュージャックマン大好きだからと言う理由。

ネットから予約をして映画館に向かいました。映画館につき、チケットを発行しようとするとチケットを購入することが出来ない。『ん??どうしたんだ??』と携帯で再度確認するとなんと購入の最後のボタンを押していなかったため予約が出来ていなかったのです。改めてチケットを購入しようとするものも席は最前列しか空いてなくて。さすがに最前列はしんどいと

結局その日は映画を観ることを諦めて帰宅した。

それから数日経ったレディースデーの昨日。

前回観ることが出来なかったので再度「グレーテストショーマン」を携帯から予約しようとした。だけど最後の最後でボタンを押し間違えリセットになってしまう。

最近は『スムーズ』に行かないときは無理をしない

『スムーズ』に行く=宇宙の流れに乗っている
『スムーズ』に行かない=宇宙の流れに逆らっている

そう意識しているから。

そうか、映画は必要ないってことなんだ。じゃ〜、今日わたしは何をしたら一番喜ぶかな?の自分に問いかけてみる。

すると『美味しい物が食べたい♡』

そう内側のわたしが答える。

そうか、美味しい物か。どんなものが食べたいの?

再度問うと

『美味しいパスタと美味しい野菜♡』


この時「思考」がパスタって・・炭水化物じゃん!みたいなことを言い始めたんだけど(笑)そんな言葉はスルーして以前友人に連れていってもらって美味しかった吉祥寺の「ヒラタパスタ」に行くことに決める。

思考が直感を邪魔するって再認識(笑)



ヒラタパスタはわたしの大好きなもちもちの生パスタと鎌倉野菜が頂けるお店♡

お〜、楽しみ💓

わくわく

わたしの中から「わくわく」する感覚が生まれる♡

ん、吉祥寺に行くんだったらも食事の後に観ることが出来る映画なんかあるのかな?

携帯で調べてみると食事をした後のちょうど良い時間に観ることが出来るのは「リメンバー・ミー

この流れはとてもスムーズ。

結局2度もうまく予約出来なかった「グレーテストショーマン」ではなく、全く自分が予想もしていなかった「リメンバー・ミー」を観るという流れに乗ったのです!

f:id:sessionnaomi:20180419042331p:plain

◆スムーズな選択は「必然なメッセージ」を含んでいる

そんな流れに乗っての「リメンバー・ミー」ですからね。どんな映画かは全くノーリサーチ。なんとなく家族のことが描かれている。その程度の知識。むしろ『家族かー。なんだかあんまり観たくない』と後ろ向き。どの映画を観ようとリサーチの時にあえてスルーしていて映画でもあったのです(笑)

今思えばわたしのエゴの拒絶だったのでしょうね(笑)悪あがき(爆)

f:id:sessionnaomi:20180419045316j:plain

過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。

ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。

伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。



ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、映画が始まって数分経って

『あーーー、この映画を見る為にグレーテストショーマンはスルーさせられたんだ』とはっきりと認識させられた(笑)

家族とか先祖のカルマとかそんな物が描かれていてわたしに必要なメッセージてんこ盛りだったのです。

グレーテストショーマンをスルーさせられた訳ですね!!(笑)



わたしの母親はかなり重い家族の歴史を抱えている。


小さい頃

母親の思い出話で、戦争のこと、家族のことなどを聞かされたが母親の昔話がわたしは嫌いだった。重いし愉しくないし、今更そんな話をされても小さいわたしにはどうすることもできないから。。。

今思えば母親はただただ共感して欲しかったのかも知れない。でも小さかったわたしには恐怖や不安を押し付けられているようでそんな話は重かった。

数十年ぶりに実家に帰り母親と時をともにすると、その重さを嫌でも感じさせられた。相変わらず昔話をする母の顔は暗いし…その自虐的な話は大嫌い!重い!暗い!

だけど…
わたしが感じるその重さはわたしが勝手に自分の中にある罪悪感にくっつけ放出させていたエナジーの重さだったのだと思う。でも在る意味その現実と向き合うことを避け(母親や先祖や先祖のカルマのせいではなく自分の思考と感情のせいと言う事実を受け入れず)、ただ『嫌い!』と決めつけた。

そして、わたしは意識的に母親やその母親の歴史のようなものを遠ざけるようになっていた。

そんなシチュエーションでこの映画だったんです(笑)

だから映画を観て、

もーー、
ただただ笑うしかなかったです。

結局…

わたしが観たくない、避けたいと思っている母親との関係や母親の歴史、そこに今わたしに必要なエッセンスが含まれているってことなんです。

なぜならば

わたしのルーツであり
「核」だから

そこを避けていてはわたしの真の幸せも喜びも自由もないと言うことなんです。頑固なわたしがその現実から避けてばかりいたものだから『リメンバー・ミー』という映画を使って宇宙(ハイヤーセルフ)が答えをくれたようです

だから

グレーテストショーマンはスルーをさせられたし、わたしが受け入れられやすい様に「ヒラタパスタの美味しいランチ」と言う前菜が用意されて(笑)

その流れからの

「リメンバーミー」

だったのです!(笑)




ただただ笑うしかない。

宇宙の愛に完敗です♡



自分を大切にするとは…自分の感覚を大切にし宇宙の流れに乗ること

そして湧き上がる感覚と受け取ったメッセージを「生かす」ことだと再認識した件♡

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]