幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

緑の龍さんとの対話〜魔はどうやって入り込むのか?

f:id:sessionnaomi:20171224060442j:plain
◆魔とは?

冬至をむかえるにあたりプラリ旅に行って来ました。

予定を決めたのは1日目だけ2日目はなかなか自分の中で決まらなかったのでフリーにし、行き当たりばったりにすることに決定。

そんな旅は小さな奇跡の連続♡

電車とバスと徒歩という移動手段なので行けれる場所は限られる。しかし、凄いタイミングで電車とバスが繋がったり行った先で思わぬ景色を見ることが出来たり、地元の方から情報を頂いたり・・・そんな旅をすると

つくづく人は生かされている・・そう感じる。

最近は御朱印をもらうのがブームなのか御朱印を持っている方を多く見受けるが・・・

ただ御朱印をもらっても何のご利益もないですよね。

そもそも『なんかくれー』と言うくれくれ族はまずはそう言う自分の内側を自分で満たすことをしないとね。

枯渇感は更なる枯渇感を生むだけです

幸せも豊かさもすべて内側にあると言う事実…そこに気づかないといつまでも幸せ探しのジプシーになります。

と言うことで緑の龍さんとの対話です。

質問・・・魔はどうやって入り込むの??

神社やお寺にご利益を求めて人は足を運ぶ

人が求めているご利益を頂けるのは『信仰』と言う土台在ってのことじゃ

強い信仰心が神社やお寺に足を運ばせる。昔の人は今のように自分だけのことを願ってはいなかったからな。それに願うのは小さな幸せだった。


しかし、今は周りを見渡せば何でもある。昔に比べて豊かになっているが、心は貧しい。心は寂しい

その心の隙間に魔が入り込むのじゃ。

>>豊かになったのにどうして人は外側に何かを求めるの?

昔はない生活が当たり前だった。豊かなのか限られた人種だけだったからな。

人と比べることも少なかった。見渡せばみんな自分と同じような人ばかりだった。

しかし、現代は人と比べることばかりだ。

そもそも学校教育そのものが『比べる』ことを根底として創られている。

金太郎あめ製造の場所じゃ。

そして、少しでも形が違うとはじかれ、成績という数字で人を数値化し、本当に人が生きる為に大切の「心」について何一つ教えない。

人は学ぶべきことを学ばずして成長してゆく。

そして
学校で『比べる』ことを学んだ人間は人と比べ、劣っていると感じると物や知識でひたすら自分を埋めようとする。

しかし、心は満たされてはおらんからな。

その心に隙間が出来るのだ。

寂しさ
嫉妬
劣等感
依存心
虚栄心
自己欺瞞
猜疑心

などが心の中で大きくなると

人の心の隙間が更に大きくなってゆく。

この隙間を狙って「魔」は入り込む

魔は誰の心にもある

魔は
寂しさ
嫉妬
劣等感
依存心
虚栄心
自己欺瞞
猜疑心

などを餌に大きくなったものじゃ

魔が入り込むと人としての大切な物を忘れてしまい『人でなし』(人ではない)になってしまう。

人ではなくなる=乗っ取られた状態になる訳じゃ。

それを
狐憑
とか
蛇に憑かれる
などと言うこともあるな。

その話はもっと詳しく教えてね



龍さんとの対話はわたしの心の状態がフラットで静かでないと続かない。

しかも、会話を文字にするのはとても時間がかかる。そうやって時間をかけているうちに頭の中に違う想いが浮かんでしまうこともあるので、会話をストップしました。



年末にかけて、また2018年をむかえるにあたって

魔に入り込まれる人も少なくない。

魔は大抵その人が抱えている「問題」『執着』などにぴたっと嵌るものです。

たとえば
お金がないという問題を抱えていると、そのお金を餌にいろんな形で魔が入り込む。
虚栄心、強欲を餌に龍や狐が入り込んでいる人も多いですね

また、恋愛に関する嫉妬や執着を持っているとその嫉妬や執着を餌に魔が入り込みます。
嫉妬や執着を餌にするのは蜘蛛や蛇などです

こうやって妖怪ランドのようになってしまう年末。

断捨離とは

物や思考や感情を手放すことで大切なことを思い出す神聖な儀式でもあります。

自分は本当に大切な物を失ってはいないか?
何に執着しているか?

そんなことを自分自身に問うて身の回りの物を整理し手放しお過ごしくださいませ♡

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]