幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

どんな映画にもはっとするようなセリフが散りばめられている。今回もそんなセリフに出会う為に見せられたのでしょう。駆け出しの小栗旬主演の映画を観ました

f:id:sessionnaomi:20171207084514j:plain
◆みんな自分が可愛い

GAOで観ました

2005年の映画「ウオーターズ」

ちょうど『花だん』が放映されたころなので、花だんで注目されたことで創られた映画かも知れませんね。



ストリートパフォーマーのリョウヘイ(小栗旬)ら様々な経歴を持つ7人の若者は、心機一転するために受けたホストクラブの面接に全員合格。

初出勤してみると店内はカラっぽで、保証金を預けた店長もいない。騙されたことに気づいた彼らは、同じく詐欺にあったオーナーの提案で、素人ホストクラブ「DOGDAYS」を開店する。

ウォーターズ - YouTube

人生に挫折し詐欺に在った男の子が7人集まり素人ホストクラブを開店する。

素人の集まりなので当然うまく行かず分裂しそうになった時
元銀行の男の子が小栗旬に言うセリフ

みんな自分が可愛いんだよ

そうかな?
みんな自分を嫌いになっているんじゃないでしょうか?
つまらないプライドの為に自分をごまかして人を傷つけてそうやって自分を愛せなくなっているのかも知れません。
つまらないプライド、そんなものは捨てて最後の悪あがきをしてみませんか?

このセリフを聞いた時

あ〜、これを聞く為にこの映画を観たんだ(見せられたんだ)

とはっきりと感じた。

最近は潜在意識と顕在意識の壁が薄くなってきているのか、自分のオーダーはあっという間に叶い、宇宙に質問するとこんな風に答えがすぐに帰ってくる。

自分の内側の奥の奥に隠れていた自分のダーティーな部分も当然浮上してくる時代。

そんな時は否定せずそっと駄々っ子をなだめるように受け入れて行くことがポイントのようです。

みんな地球に降り立った時

それぞれがそれぞれの胸に夢や希望を抱えて来ているんです。だけど、まずは親に否定され、そして学校や先生や会社や上司に駄目出しをされ、どんどんどんどん本来の自分が小さくなってゆく。

そしてそんな中生きてゆく為に諦めたり観ない振りをしたり気づかぬ振りをし自分を騙してゆく。

それは自分を守る為の術でもあったのですが、そうやって自分を偽って生きているうちに自分が解らなくなり生きるのがつまらなくなってゆくんです。

ちっぽけなプライドは偽りの自分に気づかないよう傷つかないように持ち続けて来たのでしょう



しかし、魂は気づいていますし、叫んでいるんです。

そっちじゃないよ、もっとわたしと繋がって自分を信頼して!


だけど思考(今まで言われてきた沢山の否定の言葉)がそんな声を押し殺す

いやいや、そっち行ったら危ないって。今更そっちにいってどうなるの?安全な道をすすもうよ


自分を守る為に創った小さな枠から出ようと頭をだした途端そんな声が邪魔をしますね。自分を守るためなんですけ。。


2018年はそんな声ではなく、

さて、わたしはどうありたい?

と常に問う必要があるのかも知れません。

失敗なんてないんですよ!
経験が増えるだけでその経験をしたいから地球にいる訳です。

一つでも多くの経験をしてみること、それがここ地球にいる意味です。


何気なくみたこの映画のこの1つのセリフにそんなことを強く再認識させられました。


小栗くん以外ほとんど知らない男優さん出演の映画。

そうそう、
最初にちょこっとだけでた弓削くん

彼は高校生の頃当時高校生に爆発的な人気のあった「ストニュー」と言う雑誌で取り上げられ大人気でした。

他には妻夫木くんや忍成修吾くんなども取り上げられていましたから、この『ストニュー』って凄い雑誌だったのかも知れませんね。

若かりし頃の小栗君主演の映画の主題歌は、これまた『キューティーハニー』でブレイクした倖田來未

在る意味時代を感じさせられましたが、それと同時に宇宙の真理を感じた映画。

GAOで観ることが出来るのでご興味がございましたら是非是非♡

いやーー、映画って本当に奥が深いです♡

映画Love Naomi

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]