幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

感情は『引き寄せの法則』の強い強い磁石となる。その瞬間その瞬間どれだけ望む未来を思い描けるか?その選択が今と未来を創造する

f:id:sessionnaomi:20170427131739j:plain
引き寄せの法則

もう『法則』とかへきへきだ。

そう言葉にしたにも関わらず手元にやってきた『物語で読む引き寄せの法則サラとソロモンの友情』

引き寄せの法則が日常どんな風に作用しどんな現実を創りだしているか?を主人公サラと引越して来た少年セス、そしてフクロウのソロモンを通して描かれている。

物語仕立てだと言う事もあり、とても分かりやすくまた言葉がすっと腹落ちしてゆくのを感じる本でした。

セスはこの一緒を生きられるようになった、珍しい人間なんだよ。前に起きたことに対する感情を持ち越すんじゃなくて、いま現に明らかに共有している時間へ反応するようにしているだ。

セスは貧しい為何度も何度も引越を余儀なくされてきた。そんな中でも自分の中に「幸せ」を見出そうとしている探求者であり、冒険者。そんなセスが引越し先の学校でサラと出会う

そして、ソロモンから『引き寄せの法則』を学ぶ、日常的に実践することで人生創造の喜びを体感してゆく。


心の声に従うこと

サラ、ぼくにもっと認めさせる為に、君の行動を変えてほしくないんだ。むしろ、きみの内面から現れる自己の誘導システムと調和することを求めていって欲しい。

何かを決める時には、ぼくがどう思うか心配だからではなく、自分がどう感じるかに基づいて決断して欲しいんだよ。

ソロモンはサラの心に話しかけそしてサラを導いていた。
そんなサラがセスと出会ったことで2人は共振共鳴し学びを更に深めてゆく。

波動に注意

全ては波動。

言葉では理解はしているが、日常になかなか生かせていないのが事実。

その瞬間その瞬間自分自身で感情も未来も選択出来る。嫌な感情がわき上がっても自分が望む未来をイメージしてその波動を選択してゆく。大いなる決意をして「波動」を選ぶ事。それが宇宙の流れに乗るという事なのでしょう。

本の中ではソロモンがサラとセスに『引き寄せの法則』がどのように日常に影響を与えているかをレクチャーしてゆく。もともと『なぜ?』と人生に疑問を持つ探求者だった2人はソロモンと言う賢者・導くものを得て学んでゆく。そのしなやかさや柔軟さは誰の中にもあるのだから諦めずに自分に根気よく丁寧在りたいと改めて本を読みながら感じた。

そうだ。きみが注意をむけていること、きみが意識を集中していることさ。たとえば、何かを思い出している時、きみは波動の信号を出している。何かを観察している時、見つめている時、考えている時、きmは信号を出している。思案したり、勉強したり、調べたり、想像したりするときも、信号を出しているんだ

波動の同調の不思議

人も波動を発している。

類は友を呼ぶと言うのは『波動』が共鳴する人がそばにいると言う事。だとしたら自分が『どんな自分で在りたいか?』を明確にし常にその波動を選択し続ければ、周りの人は波動が共振共鳴し変わってゆく。

人間関係も目の前の現実も自分次第と言うこと

わたしたちはもっともっと自分の力を信頼すべきで、無力なんかじゃない自分を信頼すること、信じる事が必要ですね。

思考を向ける先を決める練習をして、思い描いた事が実生活の経験にどのくらい速く反映されるかを見極めるんだ。

きみたちの経験に跳ね返ってくるもの。考えの中心をなす内容によって、宇宙に教えてもらうんだよ。

目の前の現実が違うと感じたら、それは『良いやり方ではなかったよ』と言う宇宙からの反映。

反映に気づき軌道修正をしてゆくことが大切。

日常はこの繰り返し。感情を手なずけ手綱を握り切るまでひたすらプラクティス

これはパートナーシップや家族との関係やまた仕事などにおいても当てはまりどんなシチュエーションでも生かすことは可能。

望む事はなんんでもしていいだよ。ただ、ぼくはきみたちに、じぶんがいまいる世界の、とてつもなく大きな価値を分かってほしいだ。あまりに多くの人が身の回りのことに不満をもち、手の届かないものに手を伸ばす事に時間を無駄にしている。

いま自分がいる所で、あたりを見回せば、大きな喜びと大きな価値があることが分かってるのに。

日常が現実があまりにも酷いと感じると感情で状況を変える事なんて出来ないと思ってしまう。

しかし、全ては波動ですべては宇宙の法則で成り立っていると言うその現実をしっかり理解すれば、その瞬間自分の感じ方を変えれば必ず現実が変わると証明できるはず。

全ては自分

サラ、人はしばしば惨事の渦中に身をおいて、それを修復しようと躍起になることで状況を好転させられると考えるものだ。しかし、それでは断じて状況はよくならない。

状況をよくするには気持ちが良くなることに注意をむけることだ。きみに起こることは、きみが感じることによって起こるのだから。

わたしたちは宇宙があり、地球があり、コミュニティがあり、自分がいると思いがちだ。

しかし、本当は自分自身が中心にいて全てに影響を与えている。自分が創っている世界なのだ。だから、自分がその瞬間その瞬間心地よい感情を選択し心地よい波動で在る事を選択すると当然自分を取り巻く全ては影響される。


改めて物語りで『引き寄せの法則』を読むと分かりやすく、またすとんと腹落ちしてゆきました。
この本は10年も前に出版されたもので、3冊シリーズが出版されている。
以前も読んだ事はありますが、また入り方の違いを感じました。


・良い未来をイメージし『感情』を選択し続ける

実践あるのみですね

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]