幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

母親からの『自立』は時に母親との決別と言う選択が必要なのかもしれないが、全力で自分は幸せになると決める事も必要

f:id:sessionnaomi:20170415113213j:plain
◆我がままな選択を赦す

母親の支配はいろんなカタチがある。

母親のパターンが分かりやすい場合、娘はその呪縛に気づく事が出来るが大抵は複合型で『支配型』『過干渉』『過保護』『完璧型』などの要因を含んでいる為母親の支配に気づいたりまた脱出する為に長い年月を要する。『癒し』が螺旋階段を上がるようにすすんで行くと言われているのは、母親との関係が複雑で深く深く「設定」をして来ているからなのかもしれない。

中でも一番厄介なのは「姉妹型」の母親だろう。

一見仲が良い。大きな喧嘩をする事もない。母親は娘の日常にあまり干渉しない(ように感じる)し、休みの日は2人で買い物や食事にも行く。体型が一緒の母親と娘は洋服を共有することもある。娘は自分の恋愛の話を母親に逐一話す。それは強制された訳でもないし、その事について母親が干渉することもない。だから、『わたしは母親と仲が良くてよかった』と安堵している。

しかし、なぜか生き辛い。

苦しい。生きている事に喜びを感じない。恋愛がうまく行かない。結婚生活がうまく行かない。本を読んで原因を探ろうとする。一生懸命自分の言動を変え努力する。
しかし、うまくはいかない。

そもそも『自分と母親の関係』に問題があるなんて思ってはいないのですから、母親との関係が生き辛さの『要因』の1つであると気づくまで長い長い時間がかかる。

姉妹型の母親と娘の場合、娘は母親のすべてを無意識でコピーする。そして、母親より幸せにならない、母親より自由にならないと設定をする。そのため恋愛や結婚だけでなく、仕事もうまくいかない事が多い。

姉妹型の母親は、自分の思春期を愉しんでいない事が多い。または自分自身の母親と関係を結べていない。そのため自分の娘の思春期に「乗っかり」やり直しをする。

娘と共有しようとする。

一緒にショッピングにいき、美容院や化粧品の情報も共有する。娘の友好関係にも足を突っ込み娘より娘の友達の仲良くする。そうやって自分が若い頃出来なかった経験を娘から奪ってゆく。だから、母親はどんどん若返り元気になってゆく。しかし、エネルギーを吸い取られている娘は若いのに綺麗なのにどこか荒んでゆく。

端から見ても娘本人も母親と仲良しだ。と思っているのですからそれが自分の幸せを阻んでいるとは考えも及ばない。また、仮に母親との関係に何かしら問題がある・・そう気づいたら気づいたで娘は大きく傷つく。その事実を受け入れられない。なぜならばまるで結合双生児のような関係になっているので分離が出来ない。分離は自分のある種の死を創造させる。そのため自立が出来ないのだ。

だからうっすら「母親との関係が異常なのかもしれない」と感じても離れる事が出来ない。

お母さんが喜んでくれるなら嬉しい。お母さんの幸せが私の幸せ。と内側から湧いてくる疑問に蓋をする。

母親と娘にはいろんなパターンがあるが、この関係が一番やっかいかも知れないですね。

娘の性格にもよりますし、母親の経済状態や異性関係などがどうなのか?によっても分離や自立のプロセスは変わってゆくでしょうが、早い段階で「分離」してゆくことが必要。

在る瞬間母親を断ち切る勇気、母親との関係が険悪になってもその事に罪悪感を持つ事なく自由と幸せを選べるとよいのですが。。。

母親の執着は驚くほど強く、また巧妙なのでね

母親が自分の人生に夢中になる仕事や趣味や人間関係を作り、自立してくれることを促しながらそっとそっと自分の世界を創ってゆくこと

自分自身がそっと母親と決別してゆくこと
それが自分自身の『自立』へと繋がるのでしょう。

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]