読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

母親を超えて自分を生きると人生の彩りが変わりパートナーシップも変わってゆく

f:id:sessionnaomi:20170413110537j:plain
◆母親からの自立

母親は無意識に娘をコントロールすると言う話を書いて来ましたが、

脱洗脳『母親』の支配から目覚めるためには - 幸せになる為のスピリチュアルレッスン

娘が母親の洗脳に気づくとある種の苦しみが始まる。実の母親が実の娘の幸せや自由を全力で邪魔をするなんて想いもしなかったからです。そんな事実をしると『母性神話』ががらがらと崩れてゆきます。

でも、そんなものなのでしょう。

母親が自分の人生と自分の性を愉しんでいれば娘に構っている暇はありません。娘が未知へジャンプしようとしたら『愉しんでおいで』と応援をする。そして、もし仮に失敗をしたとしても『良く飛んだね!』とトライしたことを認めそっと休ませる。でもそんな選択を出来る母親がとても少ない。


母性は絶対なんて言うのは幻想です。

母親も1人の人間でしかないのです。ただ言えるのはどんな状態であれ、母親はその都度その都度自分では最善の事をしていると言う事です。娘がどう思うかは別として全力で母親を生きている。ですからいつまでも母親に完璧の言動を求めている幼稚な自分を卒業して母親という幻想からも卒業する事。求めているその姿はまるで4、5歳の淋しかった女の子の姿そのものです。そこから自分自身が成長すると決めてゆくことも母親の呪縛から解かれてゆく為には必要です。

それが自立です。

成長すると(母親への期待を手放す・諦めると)始めて一人の人としての母親を認める事が出来るようになります。そして、母親の中にある資質を自分が生かして生きてゆけると言う事に繋がる。何故この母親を選んだのか…その答えを知る

しかし、母親を拒絶したりジャッジしていると母親が持っているで在ろう「何かの資質」を娘自身が表現すること、受け取る事が出来なくなる。(母親を嫌い憎んでいると、実は母親が望んでいる不幸せになってゆく。それが呪縛です)

例えば、結婚と離婚を繰り返し男にだらしない母親を観て育った娘はそんな『姿』を拒絶しジャッジする。当然な選択なのですけれどね。でも母親のある種の女性性を拒絶すると自分自身の『女性性』を拒絶している事に繋がり、そのため母親とは真逆の…男性には無縁の人生を選択してしまう。

また、母親が倹約家でお金・お金とお金に縛られる人生を生きている。そんな母親の生き方を拒絶しジャッジすると大抵浪費家になり結果母親と同様の『お金に縛られた』人生を創造していく。

こんな風に拒絶をすると全く受け取れなくなるか、または拒絶したものを引き寄せてしまいます。

母親の呪縛を解き、自分の人生をより豊かなものにする為には自分の内側の整理が必要です。

まずは、自分の中にある母親に対する拒絶感を書き出してみる。書き出したものと自分の関係を探ってみます。大抵その拒絶しているものかまたはその裏側にあるギフトを受け取る事を妨げています。

何れにしても母親の生き方そのものを拒絶すると娘は真に幸せになる事は出来ないのです。

母親を赦す必要も母親におもねる必要も全く在りませんが、母親の人生や生き方の中には必ず自分自身へのメッセージやギフトが含まれているのですから、必ずそこを受け取る事を許可出来るよう自分自身と対峙する必要があると言う事です。

また、母親との関係とパートナーシップとの関係は見事にリンクしてます。母親の女性性や場合によっては父親の男性性などを見つめ自分の中で統合し、融合してゆくことが結果親からの自立へと繋がってゆくでしょう。

自分の幸せのために母親との関係を未消化にせず自分の中で「決める」ことが必要です。

母親の生きて来た証の様な物を認めるとあなたが母親を選んだ意味をしり、あなたの全ての経験が『生かされ』てゆく

母親を超えて生きる喜びを知るのでしょう

まぁ、これもわたしが描いたストーリーでしかありませんので、自分のストーリーを見直してみてくださいね

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]