幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

どんな映画にもはっとするようなセリフが散りばめられている。今回もそんなセリフに出会う為に見せられたのでしょう。駆け出しの小栗旬主演の映画を観ました

f:id:sessionnaomi:20171207084514j:plain
◆みんな自分が可愛い

GAOで観ました

2005年の映画「ウオーターズ」

ちょうど『花だん』が放映されたころなので、花だんで注目されたことで創られた映画かも知れませんね。



ストリートパフォーマーのリョウヘイ(小栗旬)ら様々な経歴を持つ7人の若者は、心機一転するために受けたホストクラブの面接に全員合格。

初出勤してみると店内はカラっぽで、保証金を預けた店長もいない。騙されたことに気づいた彼らは、同じく詐欺にあったオーナーの提案で、素人ホストクラブ「DOGDAYS」を開店する。

ウォーターズ - YouTube

人生に挫折し詐欺に在った男の子が7人集まり素人ホストクラブを開店する。

素人の集まりなので当然うまく行かず分裂しそうになった時
元銀行の男の子が小栗旬に言うセリフ

みんな自分が可愛いんだよ

そうかな?
みんな自分を嫌いになっているんじゃないでしょうか?
つまらないプライドの為に自分をごまかして人を傷つけてそうやって自分を愛せなくなっているのかも知れません。
つまらないプライド、そんなものは捨てて最後の悪あがきをしてみませんか?

このセリフを聞いた時

あ〜、これを聞く為にこの映画を観たんだ(見せられたんだ)

とはっきりと感じた。

最近は潜在意識と顕在意識の壁が薄くなってきているのか、自分のオーダーはあっという間に叶い、宇宙に質問するとこんな風に答えがすぐに帰ってくる。

自分の内側の奥の奥に隠れていた自分のダーティーな部分も当然浮上してくる時代。

そんな時は否定せずそっと駄々っ子をなだめるように受け入れて行くことがポイントのようです。

みんな地球に降り立った時

それぞれがそれぞれの胸に夢や希望を抱えて来ているんです。だけど、まずは親に否定され、そして学校や先生や会社や上司に駄目出しをされ、どんどんどんどん本来の自分が小さくなってゆく。

そしてそんな中生きてゆく為に諦めたり観ない振りをしたり気づかぬ振りをし自分を騙してゆく。

それは自分を守る為の術でもあったのですが、そうやって自分を偽って生きているうちに自分が解らなくなり生きるのがつまらなくなってゆくんです。

ちっぽけなプライドは偽りの自分に気づかないよう傷つかないように持ち続けて来たのでしょう



しかし、魂は気づいていますし、叫んでいるんです。

そっちじゃないよ、もっとわたしと繋がって自分を信頼して!


だけど思考(今まで言われてきた沢山の否定の言葉)がそんな声を押し殺す

いやいや、そっち行ったら危ないって。今更そっちにいってどうなるの?安全な道をすすもうよ


自分を守る為に創った小さな枠から出ようと頭をだした途端そんな声が邪魔をしますね。自分を守るためなんですけ。。


2018年はそんな声ではなく、

さて、わたしはどうありたい?

と常に問う必要があるのかも知れません。

失敗なんてないんですよ!
経験が増えるだけでその経験をしたいから地球にいる訳です。

一つでも多くの経験をしてみること、それがここ地球にいる意味です。


何気なくみたこの映画のこの1つのセリフにそんなことを強く再認識させられました。


小栗くん以外ほとんど知らない男優さん出演の映画。

そうそう、
最初にちょこっとだけでた弓削くん

彼は高校生の頃当時高校生に爆発的な人気のあった「ストニュー」と言う雑誌で取り上げられ大人気でした。

他には妻夫木くんや忍成修吾くんなども取り上げられていましたから、この『ストニュー』って凄い雑誌だったのかも知れませんね。

若かりし頃の小栗君主演の映画の主題歌は、これまた『キューティーハニー』でブレイクした倖田來未

在る意味時代を感じさせられましたが、それと同時に宇宙の真理を感じた映画。

GAOで観ることが出来るのでご興味がございましたら是非是非♡

いやーー、映画って本当に奥が深いです♡

映画Love Naomi

見終わった後にもう一度時系列を整理したくなるタイムトラベラー映画「プリデスティネーション」を観ましたがこれがなかなかでした!!

f:id:sessionnaomi:20171007142711j:plain
◆GAOで無料で観ることが出来る映画をご紹介

またまたGAOで映画を観ました

プリデスティネーション

1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョン(セーラ・スヌーク)は、バーテンダーイーサン・ホーク)に自身が歩んだ人生を語る。

それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊を何者かに誘拐されたという壮絶なものだった。

それを機に男性として生きることを選んだジョンに、バーテンダーは未来からやって来た時空警察のエージェントだと明かす。

驚く彼を自分の後継者に選んだバーテンダーは、装備を託すとともに宿敵である爆弾魔との対決に臨んでいく。

『プリデスティネーション』予告編 - YouTube

ネタバレになるので詳細は書きませんが、いやいやかなり衝撃の映画でした!!!

時系列が微妙に入り組んでおり、頭の整理が必要ですが、

そんな中主演のイーサン・ホーク


特にセーラ・スヌークの演技がこれまたお見事!!!

彼女が出ている他の映画もまた観てみたいと思わせる演技でした

f:id:sessionnaomi:20171007143301p:plain


f:id:sessionnaomi:20171007143305j:plain

表情や声や仕草すべて男性を演じ切っていて凄い♡


そして切なかったですが、話は更に複雑にそして驚く展開を見せます。

インセプションを観た時にその複雑なストーリを理解する為に2度ほど観ましたが(笑)

このプリデスティネーションも結末を知った上でもう1度観てみたいと思った映画です


お勧め♡♡♡♡


2回目観ました

ピースがはまりまた別の意味でトリハダ!(笑)

泣いたりわめいたり不機嫌になったり黙ったり、それでも思う通りにならないと『病気』と言う最終手段を使って人を自分の想い通りにしようとする『昭和の女』は恐ろしいがそれよりもはるかに恐ろしいのは「無邪気」な「おんな」。無邪気さとしたたかさは紙一重なんだなー。

f:id:sessionnaomi:20171007102725j:plain
◆『昭和なおんな』は策士


女性の武器は「涙」なんて言われますが、涙よりも恐ろしいコントロールの武器は「病気」

周りの人の視線を自分に向けたい、パートナーの愛を独占したい、自分から遠ざかりそうな人を自分へつなぎ止めたい。

そんな思いが無意識ですけどね。

無意識ですが、『病気』と言う形で現れることがあります。

病気になって家族とパートナーをつなぎ止める

そして、見事自分の願いを叶える

昭和という時代を生きてきた女性はこの傾向がとても強いようです。

おそらく女性自身が持っているエネルギーはとても強いのでしょう

しかし、時代的にそれを生かすことが出来ず、また男性を立てるとか家庭を守ると言った風潮に縛られ自分を生きることが出来なかった為自分の中には沸々と熱い熱いエナジーが湧き出ている。

この燃え滾るエナジーをほんとうは自分自身の人生を創造する、エンジョイすることへ使えばよいのですが、そんな概念がありませんから

自分の家族やパートナーを自分の『想い通り』にすることへとひたすら向けて行く。

家族の為に生きることが自分の「存在意義」であれば、その燃え滾るエナジーを家族の為に使いますが

大抵そんな女性の家族には「問題児」がいたり、または放蕩夫だったり、なにかしらの問題を抱えてる

そして、その問題を(みんなが投げ出してもわたしは決して投げ出さないわ。だってわたししか出来ないから)と問題を処理しようとする。処理することがある種の『生き甲斐』なのです。

自己価値を問題解決する自分に見出そうとする

だから、問題児だった家族が成長しようとすると最終手段「病気」と言う手を使い、足止めします

恐ろしいです!!!!

sessionroomyuu.hatenablog.com

f:id:sessionnaomi:20171007110350j:plain
◆策士「昭和のおんな」よりも上手な無邪気なおんな

ところが、
そんな『昭和の女』よりも遥かに上手なのは

『無邪気』と言う衣を身に纏う女です。

これは最強。

天然なんです。わたしはわからないです。ごめんなさい。

なんてすっと口から出てくる。

にこっと笑って

ほんと馬鹿だからごめんなさい

なんて変なプライドを持つことなく男性の前で口に出来たら
大抵の男はいちころでしょう(笑)

そこに策とかポーズとかがなく本心で(潜在意識ではどうかは解りませんが(笑)
すっと口にしてまるで子犬のようにお腹丸出しで相手と対峙出来たらこれ…ほんと最強!!!

こんな女性は大抵

『わたしは何も出来ないから周りの人に助けてもらっているんです。わたしは一人では到底生きては行けません』

とちょっと小首なんてかしげてすっと言えたりして(笑)

そして、本人が本当にそう『信じている』から周りの人に助けてもらい、端から見ると本人はなんの努力もしていないのに全てを手に入れてゆく。

昭和の女は最強の策士ですが、使い方を間違えると病気で身を滅ぼします

また、その策は大抵子どもにはバレバレなので子どもには嫌われます。

しかし、
『無邪気』と言う衣を着た女はどんなシチュエーションにも対応可(笑)

『全く仕方ないわね』

とある種のさげすみを相手に抱かせることで実はすべてを手に入れて行く。

負けるが勝ち!

人生の勝ち組だったりします


だから

頑張るとか努力とか

そんな言葉に縛られて眉間にしわ寄せて必死になっているとしたら

ちょっと待った!!!(笑)

自分が持っている「プライド」を持ち続けて何を得ることが出来るのか?

そう問うて観るとよいでしょう。

頑張って努力して眉間に皺を寄せて必死で生きているのに
実はあまりたいした物を手に入れたなかったりするものです。

実態のない何か壁のようなものを超えねばならない
超えなければ自分には価値がない

と言うこれまた『昭和』な洗脳を解いて無邪気さを思い出しましょう。

素直で無邪気が最強だって言うお話♡

最初に何かを成す者は必ず叩かれる。そこを支配しているもの、規成の権力は『新しい風』に脅威を感じ潰しにかかる。自分が信じてきたものややり方、生き方を否定されたようで、自分の存在が危うくなると恐れ攻撃してくる。権威者はみんな頭に来るのだ。確かに伝統や歴史はとても大切!!しかし、そんな規成概念をぶち壊さないと新しい物は生まれない

f:id:sessionnaomi:20170924090143p:plain
マネーボール


映画館で上映されている時にも観ましたが
GAOでやっていたので再度観ました



プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーンブラッド・ピット)は、アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。

チームはワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、優秀な選手は雇えない貧乏球団だった。

あるとき、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)というデータ分析にたけた人物との出会いをきっかけに、「マネーボール理論」を作り上げる。


しかし、「マネーボール理論」に対し選手や監督からは反発を受けてしまい……。

youtu.be

アメリカ=野球と言うぐらい伝統と歴史のあるアメリカの野球界

歴史があるからこそ規制と寄生と既成がある

その野球界に「マネーボール理論」でいどむ男のストーリー。

ビリーはかつてスカウトマンの甘い言葉に踊らされ、プロになると言う選択をして痛い目に遭っている。だからどこかでスカウトマンの言葉や目に猜疑心を持っていたのかもしれない。

野球を独自の理論で分析するピーターと出会ったことで野球界への可能性を感じ、理論を取り入れ球団の改革をしてゆく。


かつてビリーをスカウトしたスカウトマンが現役でやっている程スカウトマンがみんなおじいちゃんなんですよ(笑)


しかし、
長年スカウトマンをやっているプライドを持ち断定的で固定観念に凝り固まっている

だから当然だがビリーの理論を鼻っから否定する。

アメリカの野球界をあらわしていてなかなか面白いシーンでした(笑)

伝統とか歴史があるということは素敵なことだけど、それすらもぶち破らないと次のステージには行けない。しかし、既成の権力が必ず新しい考えや動きをつぶしにかかる。


話が少し横道にそれますが、

以前キングコングの西野さんの『ハミダシター』の中でSHOWROOMの前田さんが

『新しいことをやろうとした時に一番やっかいなのはその世界を築き上げてきたおじさんたち。僕はつぶされないようにすっと横にずれてやる』

そんな風に話されてました。

fod.fujitv.co.jp
↑これ面白いです!!!かなりお勧め♡



どんな世界でも既存のものを壊し新しい物を造り上げようとするとかつてそこを築いた権力を持った人が邪魔をするものです。

だからなかなか『世界』が変わらないのでしょう




・・・なかなか奥が深い!!!



f:id:sessionnaomi:20170924092443p:plain
ビリーはいろいろな反感を買いながらも自分の信念を貫き改革を進め、結局20連勝という大記録を打ち立てる。


そんなビリーにあのレッドソックスから最高年俸でGMにならないか?と言うオファーが来る。

ビリーは『お金』に魅かれプロになり痛い想いをしたことから『二度とお金で動かない』と決めていた。

そのためせっかくのオファーを断ろうとしているビリーにピーターがある選手のビデオを見せる。





マイナーリーグの巨漢の選手、彼は巨体ゆえ走るのが苦手。

しかし、この日は2塁まで走ろうと1塁ベースを蹴り向かう

が、恐怖が蘇ったのか数歩走った所で慌てて1塁に戻る。

自分が巨漢なこと。足が遅いことなどが頭をよぎったのだろう。

1塁ベースを抱えるようにして倒れ込んでいる彼をみんなが笑う。

しかし、笑っているのは彼が2塁まで走らなかったからではなくて、実はホームランだったのに1塁ベースを抱えていたからだ。






『人は野球に夢を見る』

ベタなシーンですが結構好きです(笑)

f:id:sessionnaomi:20170924092548p:plain
結局ビリーはGM最高年収と言うレッドソックスのオファーを断る。

そして2年後レッドソックスは優勝しビリーの「マネー理論」が正しかったことを証明する

youtu.be

『パパ、野球を楽しんで』と娘からのメッセージが年俸ではなく『夢』を選択させたのかもしれない

良いシーンだ(笑)


結局お金や名誉という魔物に振り回されるのではなく、自分の『心=魂』が歓ぶ選択を出来るよう自分を大切にすることですね


映画館で観たときはそんなによいと感じなかったけど、改めて観るといろんなシーンにメッセージが盛り込まれておりなかなかよかったです。

GAOで無料で観れますからいい時代(笑)

ご興味がございましたらぜひぜひ♡

愛は地球を救う。戦う女って美しく思わず体を鍛えたくなる映画

f:id:sessionnaomi:20170913214302j:plain
◆アマゾネス軍団は美しかった

レディースデーで観てきました

ワンダーウーマン

人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマンガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。

ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。



ワンダーウーマン、ダイアナが育った島は女性だけの島。

島もとても美しいのですが、その島を守る女性たちがまたまた美しいのです!!

女性ならではの体のしなやかさに強さがプラスされるとあんなに美しいのですね。



あんな美しい女性の肉体を目にすると
なんだか死にかかっている筋肉にカツを入れたくなります(笑)



人間の愚かさや使命や愛など沢山メッセージが含まれ
愛の為に戦うダイアナはそれはそれは美しかったです。



f:id:sessionnaomi:20170913220611j:plain

全くノーリサーチでふらっと観てきましたが
なかなか面白かった♡

なぜか男性がとても多かったレディースデー

戦う女性にご興味がございましたら是非是非♡♡♡

東京オリンピックを数年後に控え東京の「ホスピタリティ」が問われているが、あの『歌舞伎町』で温かな気持ちとお腹を満たしてくれたお店をご紹介します

f:id:sessionnaomi:20170913205505j:plain
◆歌舞伎町を愛する店主

久々新宿に映画を観に出かけた。

なんだか『肉』気分だったこともあり、サブナードの「和幸」に行こうと歩き始めてすぐ『にいむら』を発見

このお店は随分前から歌舞伎町にあるが入る機会がなかった。

>>にいむら

今回はぐぐっと魅かれてちょうどランチの時間はいってみた。

わたしが通されたのは2階の2人席。

オーダーしたのは『ひれかつランチ』


昔新宿には「三金」と言うトンカツ屋さんがあり、父に良く連れて行ってもらったが、数年前に閉店してしまい、もっぱら『和幸』を利用していた

今回初めてこの『にいむら』のひれかつは柔らかでかなり美味しかった!!!


お肉気分だったこともあり、大満足!!!!

f:id:sessionnaomi:20170913213121j:plain

お会計をしようと席を立つと

『お食事は楽しまれましたか?』とお店の方。

『あ、はい、がっつり頂きました』

と答えると

『どうぞ』

と満面の笑みを浮かべおもむろにポケットの中からキャンディーを1つ取り出すとわたしの手のひらにぽん。


焼き肉屋さんでガムを頂くことはあるけど、とんかつ屋さんで『キャンディー』

でもちょっと嬉しいよな。

なんて思いながらお会計のある1階へ降りると

店主らしき方が

『お食事は楽しまれましたか?』

『はい、美味しく頂きました』

『そうですか、よかったです。また新宿に遊びに来て下さいね』

と仰ってポケモンのキャンディーを1つくださった。

f:id:sessionnaomi:20170913213140j:plain

歌舞伎町と聞くとあまり良い印象はないが、こんな風に「新宿」を愛する店主がいるお店があるのだな〜となんだか嬉しくなった1日。

新宿歌舞伎町を訪れた際はぜひぜひ利用してみてくださいね♪

都会の男の子が男へと成長してゆく姿と美しい自然が描かれていて山に行きたくなる映画『WOOD JOB!』を観ました

f:id:sessionnaomi:20170902215234j:plain
◆都会育ちの男の子が男になってゆく成長ストーリー

GAOで観ました

大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。

向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。

粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。

=============


公開当時かなりの評価だったので観に行きたかったのですが、タイミングが合わず観ることが出来なかった映画です。

染谷くんがいい味を出して、都会のどこにでもいそうな男の子が山で生活をすることで少しずつ成長してゆく姿を描いています。

20年ぐらい前だったら伊藤くんがその役を演じていたかもしれないですね。

伊藤くんは『海猿』で体を作ってからなかなか良い役者さんになりました。

この映画でも山の男を素敵に演じています。

身長183センチであの体♡

素敵です(笑)



素人さんらしき方がエキストラにうまく使われていて素朴な山奥の村の生活にリアル感を生み出してる。

なんだか旅行に行きたいーー

そんな風に思わせる映画でした♪


お勧め♡♡♡♡♡♡

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]