幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

自分はもちろんの事他者へのジャッジ・批判を手放す為には第3チャクラを意識してみよう。

f:id:sessionnaomi:20170430145437j:plain
◆第3チャクラ


チャクラリーディングセッションameblo.jp


チャクラやオーラから情報を読み取るリーディングセッションをスタートしています。
自分のオーラを視覚化するのはなかなか愉しいので
必要あればご利用ください。


第3チャクラは対人関係を司るチャクラ

日本人は、このチャクラが弱いですね!!!

だから胃がん胃潰瘍などの病気が多いのでしょう。

セパレーションを意識して自分を生きないとどんどん枯渇する

特に人と関わる仕事をされている方
また人と関わるのが苦手な方は

第3チャクラのキーワードを意識されると良いでしょう。

では、『人間関係』と言うキーワードがある第3チャクラを調整するエネルギーワークをシェアします。

<<第3チャクラを調整するワーク>>
1。ベットに横になり目をつぶり身体の力を抜きます

2。大きく深呼吸、息を吐くと身体の中の不要なエネルギーが吐き出され、
息を吸うと自分の細胞1つ1つがキラキラと輝くとイメージします。

3。何度かこの呼吸を続け自分自身がキラキラ輝き始めたら、普通の呼吸に戻します

(1.2.3はリラクゼーションにもなりますので
夜寝る間などされると良いですよ)


4。胃の当たりに両手を置いて、再度深呼吸。

5。『第3チャクラ』はあなたの人間関係あらわすチャクラです。
また批判・ジャッジというキーワードもあります。

では、
あなたは他者をどんな風にジャッジするでしょう。
あなたは他者にどんな風にジャッジされていると感じるでしょうか?
また、あなたは他者をどんな風にコントロールしていますか
あなたは他者をどんな風にコントロールするでしょう

ゆっくり呼吸をしながら自分の第3チャクラを感じてみましょう。

6。どす黒い、止まっているなど違和感を感じたら大きく深呼吸。
大きく息を吐くと第3チャクラに在る不要なエナジーは吐き出され、
息をすると美しい「イエロー」に輝いてゆくとイメージをします。

7。きらきらと輝き始めたら、自分の第3チャクラからメッセージを貰ってみましょう

8。「わたしが自分をまた他者をジャッジせずに自分を生きる為には何をしたら良いですか?」

9。ふと浮かんだコトバが答えです。
ぜひそのメッセージを生かしてみてくださいね。

パワフルなチャクラのワークのシェアでした。


次回は第4チャクラのワークをご案内

感情は『引き寄せの法則』の強い強い磁石となる。その瞬間その瞬間どれだけ望む未来を思い描けるか?その選択が今と未来を創造する

f:id:sessionnaomi:20170427131739j:plain
引き寄せの法則

もう『法則』とかへきへきだ。

そう言葉にしたにも関わらず手元にやってきた『物語で読む引き寄せの法則サラとソロモンの友情』

引き寄せの法則が日常どんな風に作用しどんな現実を創りだしているか?を主人公サラと引越して来た少年セス、そしてフクロウのソロモンを通して描かれている。

物語仕立てだと言う事もあり、とても分かりやすくまた言葉がすっと腹落ちしてゆくのを感じる本でした。

セスはこの一緒を生きられるようになった、珍しい人間なんだよ。前に起きたことに対する感情を持ち越すんじゃなくて、いま現に明らかに共有している時間へ反応するようにしているだ。

セスは貧しい為何度も何度も引越を余儀なくされてきた。そんな中でも自分の中に「幸せ」を見出そうとしている探求者であり、冒険者。そんなセスが引越し先の学校でサラと出会う

そして、ソロモンから『引き寄せの法則』を学ぶ、日常的に実践することで人生創造の喜びを体感してゆく。


心の声に従うこと

サラ、ぼくにもっと認めさせる為に、君の行動を変えてほしくないんだ。むしろ、きみの内面から現れる自己の誘導システムと調和することを求めていって欲しい。

何かを決める時には、ぼくがどう思うか心配だからではなく、自分がどう感じるかに基づいて決断して欲しいんだよ。

ソロモンはサラの心に話しかけそしてサラを導いていた。
そんなサラがセスと出会ったことで2人は共振共鳴し学びを更に深めてゆく。

波動に注意

全ては波動。

言葉では理解はしているが、日常になかなか生かせていないのが事実。

その瞬間その瞬間自分自身で感情も未来も選択出来る。嫌な感情がわき上がっても自分が望む未来をイメージしてその波動を選択してゆく。大いなる決意をして「波動」を選ぶ事。それが宇宙の流れに乗るという事なのでしょう。

本の中ではソロモンがサラとセスに『引き寄せの法則』がどのように日常に影響を与えているかをレクチャーしてゆく。もともと『なぜ?』と人生に疑問を持つ探求者だった2人はソロモンと言う賢者・導くものを得て学んでゆく。そのしなやかさや柔軟さは誰の中にもあるのだから諦めずに自分に根気よく丁寧在りたいと改めて本を読みながら感じた。

そうだ。きみが注意をむけていること、きみが意識を集中していることさ。たとえば、何かを思い出している時、きみは波動の信号を出している。何かを観察している時、見つめている時、考えている時、きmは信号を出している。思案したり、勉強したり、調べたり、想像したりするときも、信号を出しているんだ

波動の同調の不思議

人も波動を発している。

類は友を呼ぶと言うのは『波動』が共鳴する人がそばにいると言う事。だとしたら自分が『どんな自分で在りたいか?』を明確にし常にその波動を選択し続ければ、周りの人は波動が共振共鳴し変わってゆく。

人間関係も目の前の現実も自分次第と言うこと

わたしたちはもっともっと自分の力を信頼すべきで、無力なんかじゃない自分を信頼すること、信じる事が必要ですね。

思考を向ける先を決める練習をして、思い描いた事が実生活の経験にどのくらい速く反映されるかを見極めるんだ。

きみたちの経験に跳ね返ってくるもの。考えの中心をなす内容によって、宇宙に教えてもらうんだよ。

目の前の現実が違うと感じたら、それは『良いやり方ではなかったよ』と言う宇宙からの反映。

反映に気づき軌道修正をしてゆくことが大切。

日常はこの繰り返し。感情を手なずけ手綱を握り切るまでひたすらプラクティス

これはパートナーシップや家族との関係やまた仕事などにおいても当てはまりどんなシチュエーションでも生かすことは可能。

望む事はなんんでもしていいだよ。ただ、ぼくはきみたちに、じぶんがいまいる世界の、とてつもなく大きな価値を分かってほしいだ。あまりに多くの人が身の回りのことに不満をもち、手の届かないものに手を伸ばす事に時間を無駄にしている。

いま自分がいる所で、あたりを見回せば、大きな喜びと大きな価値があることが分かってるのに。

日常が現実があまりにも酷いと感じると感情で状況を変える事なんて出来ないと思ってしまう。

しかし、全ては波動ですべては宇宙の法則で成り立っていると言うその現実をしっかり理解すれば、その瞬間自分の感じ方を変えれば必ず現実が変わると証明できるはず。

全ては自分

サラ、人はしばしば惨事の渦中に身をおいて、それを修復しようと躍起になることで状況を好転させられると考えるものだ。しかし、それでは断じて状況はよくならない。

状況をよくするには気持ちが良くなることに注意をむけることだ。きみに起こることは、きみが感じることによって起こるのだから。

わたしたちは宇宙があり、地球があり、コミュニティがあり、自分がいると思いがちだ。

しかし、本当は自分自身が中心にいて全てに影響を与えている。自分が創っている世界なのだ。だから、自分がその瞬間その瞬間心地よい感情を選択し心地よい波動で在る事を選択すると当然自分を取り巻く全ては影響される。


改めて物語りで『引き寄せの法則』を読むと分かりやすく、またすとんと腹落ちしてゆきました。
この本は10年も前に出版されたもので、3冊シリーズが出版されている。
以前も読んだ事はありますが、また入り方の違いを感じました。


・良い未来をイメージし『感情』を選択し続ける

実践あるのみですね

『母親』の呪縛に苦しむと言うそのストーリーはなかなか理解できないだろうが、でも苦しんでいる人はいる。だから、母親のせいにするなんてと正義を振りかざすのはで苦しんでいる人を抹殺すること。正義は時に人を大きく傷つける。

f:id:sessionnaomi:20170426121121j:plain
◆「母」がいちばん危ない

母親との関係で悩んでいる娘はとても多い。

大抵そんな娘は、反抗もせずに良い子を続けてきた。だから、いつま親のせいにしているんだ…と自分を責めることも多いのだ。

出来ないから苦しんでいる。

1番自分が自分をさばいている。もがいている。

そんな苦しんでいる人に対して『いつまで親のせいにしてるの』と言うのはなんともデリカシーのない話だ。

所詮わかってもらえないのかなあ、と言う諦念は、とても寂しい。

母と娘の確執など、努力で乗り越えられるものならどんなによかったか。それでも母を赦せないでいる自分をどれほど責め続けてきたか。

誰もが抱えている事なんだから、と言う言葉で片付けれがちなこの問題を考える時、まず突き崩すべきは世にはびこる〈母性という神話〉なのだと思っていた。けれで近頃は、そうではない気がしている。最も理解の妨げになるのは、〈善なる者の傲慢さ〉、つまり多数の側にいることで自らの正義を疑わない人たちの、想像力の欠如ではなかろうか、と。

人は言葉にならないものを理解することが出来ない。私にとって小説を書くとは、まだ名前のないものに名前をつける作業だと思っている。どんなに理解に苦しむ物事でも、呑み込みがたい記憶や悩みでも、名前をつけてラベリングさえ出来たなら、いつか棚に整理することもできるはずだから。

母の望む自分(=世間の望む娘)にはどうしてもなれなかった女たち(私を含めて)が、本の少しでも楽になれたらー。

そんな想いを込めて、わたしはあの小説を書いたし、今回は斎藤氏とも真摯に言葉を交わしたつもりでいる。

作家村山由佳さんと精神科医斎藤学さんの対談

村山さんは母親との関係で苦しみでもそれを吐露出来るようになったのは40歳を過ぎてからだと言う。しかも今でも母親の顔色を伺い母親を恐れていると書いてらっしゃいます。

大人になってたら、母親に『怒られる』ということから逃れられると思って、結婚をして家を出た時にはもう天井が抜けて明るなったよううな気がしていましたが、実は無意識のうちに次の支配者を求めてしまったのか、あるいは、そうじゃなかった人を支配者に作り替えてしまったのか。そんなことを初めて意識したのが、その時でした。

支配的な母親から脱げるように結婚をしたが、結局夫が同様の支配者だったという。こんな経験をされる方は本当に多いのだと思う。
作家という特殊な目線を持っている為自分を時に俯瞰し、また自分の心の闇の奥深くまでダイブする。そんな感性があるから作家でいられるのでしょうが、人が感じない、または観ないでいられるものを感じて観てしまうのはやはり辛いだろうなーと本を読んで感じます。

わたしは『赦すところから何かが始まる』というのは神話じゃないかと思うんです。
『赦せない』ということと、まず向き合わないと、自分の中のわだかまりみたいなものはどうしても消えないから。

赦せない自分をまず認めて、もしかしたら一生赦せないかもしれなんだけれども『それでも、私は私をやっていくしかないものね』と言う所から、私自身は今ようやく始まっている所だと思うんです。

ここを癒さなければ前に進めないと言うのは幻想。しかし、自分の中に溜まった澱のようなものを抱えたままでは苦しくて仕方がない。だから出てくる感情を感じきる事や自分の中に根強くある母親への想いなどは自分が認めてゆくしかないのでしょう。

母親と娘との関係が複雑なのは、同性であるがゆえの互いのライバル心が根底に在るからだろう。娘が成長期になると母親は全力で娘の「可能性」をつぶしにかかる。ここで娘が反抗するなりして自己主張出来れば関係性は変わってゆくかもしれない。しかし、子どもの頃から支配されてきた娘は反抗出来ずに母親の創った小さな箱に入るしかない。選択権がないのだ。

あとから振り返って思う。本人に自覚はなかっただろうが、母にとって一人娘の私は、一家の主演女優たる自分の座を脅かすライバルと映っていたのではないか。娘の成長も性の目覚めも、常に自分が先回りをして衝動的なセリフを投げかけ、有利な立場に立つ。そうすることで娘をコントロール下に置こうとしたのではないかと。

母親がやっかいなのは、一見優しさとか愛とか気遣いとかそんな隠れ蓑を使い娘を周りの人を支配する事だ。そして何よりも厄介なのは母親本人がその行為に酔い善人を演じている事。

娘は母親の在る意味薄っぺらい演技とその演技の裏にある支配を感じるから傷つく。

支配する母親と優しい娘の図式が出来上がる。娘が幸せになる為には一旦そのドラマから抜ける事なのでしょう。

【お勧め図書】恋愛呼吸

f:id:sessionnaomi:20170424154041j:plain
◆恋愛呼吸 服部みれい・加藤俊朗著


呼吸を意識すると思考が静かになってゆく

思考が静かになると言う事は潜在意識と顕在意識の壁が取り払われ『コトバ』や『願い』が潜在意識に届きやすくなるという事です。

また息を吐く事で潜在意識に溜まっている澱が吐き出され、綺麗になってゆきます。

とてもシンプルなので実践しやすいレッスンです。

『恋愛呼吸』は著者の服部みれいさんが加藤俊朗さんの指導のもとわずか2回呼吸レッスンを行っただけで『結婚』をされた実体験を下地に書かれている本です。

著書の中には読者の方で同様に「恋愛呼吸」を試して結婚されたと言う女性の体験も紹介されています。

『恋愛呼吸のレッスン』がなかなか興味深かったので簡単に纏めておきます。

目次

①恋愛呼吸の心の仕組み

わたしたちの可能性は潜在意識が肝となっている。しかし、その潜在意識には過去生を含め沢山の恐怖や不安や罪悪感などで一杯になっており、せっかくの能力を生かす事が出来ていない。

恋愛が出来ないのも、結婚が出来ないのも、したいと口では言っているが実際は潜在意識に沢山のネガティブな思いが詰まっていてそれが邪魔をするからです。

『恋愛呼吸』はその潜在意識に澱のように溜まっているネガティブなエネルギーを息を吐く事によってクリアにしてゆき、恋愛や結婚を赦せるようになり、また現実と引き寄せてゆく。そんなツールのようです。

②1日目の恋愛呼吸

(基本的な呼吸の仕方は(呼吸の仕方 加藤俊朗著)を参考にして下さい)

恋愛呼吸1日目は、吐く時に「男が欲しい」と思う。
ただ思うだけ。丹田で息を吐いて、息を吐く時にただ「男が欲しい」と思う。
丹田を意識する
・ただ思うだけ
がポイントです。

※人間の命を支えるおおもとが呼吸です。呼吸は『吐いて、すう』が基本です。この呼吸を習慣にすると健康になり、自律神経が整います。

潜在意識のお掃除になります。
(本文より)

③2日目の恋愛呼吸

(基本的な呼吸の仕方は(呼吸の仕方 加藤俊朗著)を参考にして下さい)

恋愛呼吸2日目は、息を吐く時に「男が欲しい」吸う時に「男が出来た」と思う。
意識するのは丹田。あとはただ思うだけです。

※潜在意識を綺麗にして、恋人を呼び寄せる呼吸法です。
基本の呼吸のあと行います。
(本文より)

④3日目の恋愛呼吸

(基本的な呼吸の仕方は(呼吸の仕方 加藤俊朗著)を参考にして下さい)

恋愛呼吸3日目は、吐く息に乗せて「素敵な男が出来た。最高!」と思う。
意識するのは丹田。あとはただ思うだけです。




『一生懸命にならない、丁寧に』
と何度も何度も加藤さんがレッスン中におっしゃるその言葉が印象的でした

呼吸をただただ意識する
シンプルですが奥が深い❤︎

絶対的な「安心感」を得る為には第1チャクラに付随しているドラマを書き換えることと澱のように溜まっていエネルギーを昇華してゆくこと

f:id:sessionnaomi:20170424130059j:plain
◆絶対的な安心感


人は何を求めていると思いますか?
あなたご自身も何を求めていると思いますか?

何かを習ったり勉強したり、友達を作ったり、買い物をしたり、綺麗に身に纏ったり

そんな1つ1つの選択の中には『自分を認めて欲しい』と言う承認欲求があると思いますが、でも根っこにあるのは

『絶対的な安心感』です。

恋人が欲しいとか結婚したいとか良い仕事に就きたいとかお金が欲しいとかその根っこには「安心感の欠如」があるので人は何かでそれを補おうとしているんです。

しかし、本当は自分自身が自分の生や性をちゃんと受け止める事でしか『絶対的安心感』を得る事は出来ません。だからどんなに学んでもパートナーが愛していると言ってくれても「持続的な安心感」を得る事が出来ないのです。

第1チャクラはその『絶対的な安心感』を司るチャクラです。

第1チャクラは背骨の底部に位置している
原家族や肉体をあらわすチャクラですが、ここのチャクラが活性化しているか否かで
『絶対的な安心感』を得られるか得られないかが定まってゆきます。

家族の中で
・「そこ」を心地よいと感じ
・受け入れられていると感じ
・違和感なくそこにとどまる事が出来たかで
それを基盤にして他者との関係を結ぶ事が出来るようになる。

しかし、残念ながら親から受け継いだ信念や概念を持ったままだと自分をより表現する事が出来ない。

だから、人は成長のある段階で一旦この『繋がり』を断って再度自分自身と繋がる必要があります。

親や社会からの繋がりを一旦断って自立する

不安や淋しさを感じる時間ですが、この孤独や孤立した時間を過ごす事で
人は真に自分自身と繋がることが出来るようになる

1人でも平気、自分で自分を満たす事が出来るようになると絶対的な安心感を得る事が出来る

孤独・孤立を恐れないことが第1チャクラを活性化するポイント

★第1チャクラは
絶対的な安心感を生むチャクラ

感情に付随した「ドラマ」を解除してゆく必要は在りますが、エネルギーワークでチャクラに留まっているエネルギーを放出したり、またブロックを解除する事も可能です。

その『絶対的安心感』を生む第1チャクラを調整するエネルギーワークをシェアします。

<<第1チャクラを調整するワーク>>
1。ベットに横になり目をつぶり身体の力を抜きます

2。大きく深呼吸、息を吐くと身体の中の不要なエネルギーが吐き出され、
息を吸うと自分の細胞1つ1つがキラキラと輝くとイメージします。

3。何度かこの呼吸を続け自分自身がキラキラ輝き始めたら、普通の呼吸に戻します

(1.2.3はリラクゼーションにもなりますので
夜寝る間などされると良いですよ)


4。足の付け根に両手を置いて、再度深呼吸。

5。『第1チャクラ』はあなたの性・生をあらわすチャクラです。
あなたは自分の性をどう思っているでしょう?女性(男性)と言う性を愉しんでいるでしょうか?
あなたは自分の生をどう感じているでしょうか?自分を生きているでしょうか?
ゆっくり呼吸をしながら自分の第1チャクラを感じてみましょう。

6。どす黒い、止まっているなど違和感を感じたら大きく深呼吸。
大きく息を吐くと第1チャクラに在る不要なエナジーは吐き出され、
息をすると美しい「レッド」に輝いてゆくとイメージをします。

7。きらきらと輝き始めたら、自分の第1チャクラからメッセージを貰ってみましょう

8。「わたしがわたしの生・性を愉しむ為には何をしたら良いですか?」

9。ふと浮かんだコトバが答えです。
ぜひそのメッセージを生かしてみてくださいね。

パワフルなチャクラのワークのシェアでした。

ご縁の深い龍さんと一緒にワークをすると
もっともっと調整されてゆきます。

一人じゃないと言う感覚も強くなるので
孤独感の強い方にお勧めです!!!


では、

次回は第2チャクラのワークをご案内致します

良い思い出もある種の諦めを持って手放して始めて自分が変化する事が出来る

f:id:sessionnaomi:20170424110522j:plain
◆よい思い出こそ手放す必要がある

人は変化する

老いればかつてのような美しさを失ってゆくし、愛していても他の人に心を奪われてしまうこともある。季節が変わってゆくように、満開の桜がやがて散ってゆくように全てのものには『変化』すると言う可能性が備わっている。

互いに魅かれ合い始まった恋も終わりを向かえる事もある。それは次の恋の始まりなのですが、人はその『恋』の良い思い出を手放す事が出来ない。良い思い出を手放せない姿は、味がしなくなったチューインガムをいつまでも口の中で転がしているようだ。(それを執着と言うのでしょうが)そういう意味では苦しい思い出よりも愉しかった思い出はやっかいですね。

変化を受け入れる

自分の周りで人々が変化する。それは客観的に観ればある種喜ばしいことでもある。しかし、そもそも人は変化を嫌う生き物で『今』を維持しようとする。だから当然変化に対して強い強い反応を感じてしまう。そんな特質が『変化』⇒嫌だと言う図式を生み出すのでしょう。

しかし、
自分の人生に生き辛さを感じ意識を変えたいのであれば、根本的に在る「変化」への嫌悪を解除する必要があります。

意を決してファッションを変えて自分を変えた女性がいる。そんな女性を『素敵〜』と認めているだろうか?
苦手のハードルを越えてビジネスを成功させた人がいる。そんな人を「すばらしい」と認めているだろうか?

ポジティブな変化だけではなく
親の老い、好きだった人の心変わりなど自分に取って嬉しくないと感じるそんな変化を受け入れているだろうか?

自分自身がどんなに『変わりたい』と願った所で心の奥底で変化を赦していないのでは本当の意味での変化は望めない

すべての変化をある種の諦めを持ってでも受け入れる事

究極を言えば『変化』そのものに優劣を付けない。変化そのものをあるがまま受け入れることだ

良い思い出もある種の諦めを持って手放して始めて自分が変化する事が出来る


アメブロ
http://ameblo.jp/session-naomi
Facebook
https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5
・LINEブログ
http://lineblog.me/session1170/

自分のチャクラを知る事で霊性を高め自分のチャクラを調整して宇宙と繋がろう

f:id:sessionnaomi:20170423210155j:plain
◆【お知らせ】チャクラリーディング&チャクラ調整ワークカスタマイズ

チャクラにはあなたのすべてが刻まれている
自分のチャクラは今どんな状態なのか?を知る事で
肉体・精神・霊性を高めてゆくことが出来る

あなたの現在のチャクラの状態をリーディングし、
また、肉体・精神・霊性を高めてゆく為の調整ワークをカスタマイズ致します

(チャクラリーディング)
・7つのチャクラをリーディング
※ストップ(停滞)を0⇒全開を100で今あなたの7つのチャクラを数値化
・チャクラからのメッセージ

(チャクラ調整ワーク)
・7つのチャクラをリーディング後あなたの
★肉体
★精神
★霊性
を高める為のワークをカスタマンズ
・おひとりおひとり調整ワークを構築してご案内致します

(ワークの流れ)
①ご入金確認後リーディング&カスタマイズスタート

②終了後フィードバックのメッセージ(メール)

③リーディングを読みワークを行ったらワークの体感や疑問点・感想などのフィードバックのメールをわたしに送ってください。(1週間以内にお願いします)

④わたしから調整ワーク・調整後のフィードバックのメールを致します

⑥2週間後最終フィードバック

以上とかなり濃い〜ワークとなります♪

変化を体感出来、成長を感じるワークです

(ワーク後の変化)
・自分のチャクラを意識する事が出来るので必然的に言動が変化する
・チャクラ調整ワークを自らが行う事でヒーリング能力が高まる
・肉体・精神・霊性のバランスが整う
・肉体・精神・霊性が高まる
・自分の体調不良の要因が分かることで改善する
・自分の精神の状態を知る事で感情がフラットになる
・自分の霊性を磨く事が出来るので、シンクロ・メッセージを受け取る事が増える

などの変化を体感されるでしょう♪

=ワークを受けると=
◎自分のチャクラを知る事が出来ます
◎自分のチャクラを調整する事が出来ます
◎自分の成長を体感出来ます♡

お申し込みはこちらから

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]