読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

オンナがオンナの敵になることなく互いの夢を応援し合えるには超えなければいけないいくつかの壁がある

f:id:sessionnaomi:20170408142057j:plain
◆オンナの敵はオンナ?

辛辣な文章を書かれる信田さよ子さんの『家族収容所』を読んだ。相変わらず辛口だがその中にこのような文章を見つけた。

不幸同盟に所属する事で得るものはいっぱいあるが、失うものが多い

でもお互いに『私たち、いろいろいやなことがあるよね、でも結婚しているからこそこうやって暮らせるんだし、ちょっとがまんすれば毎日すぎていくし、こうやって耐えている事が良い事だよね』と確認しているうちに時が過ぎていく。

苦痛をお互いに認め合って、それに価値があることをこれまたお互いに認めあって安心する。

そこから抜け出る人がいることで、たとえようもない不安をおぼえる。

だからこそ、そのような女性を差別し、排除するのだ。

不幸同盟はその背後にある男社会をみえなくし、オンナがオンナを差別する事で強化される忌まわしい集団である。


(家族収容所。『妻』という謎 信田さよ子著)


『群れる』と言うコトバに象徴されるのはこういう繋がりなのかも知れない。同じ箱の中に属していることで安心する。自分の不満や不安は周りに同じような人がいる事で緩和されている。そこにいる事に不安や不安を抱かないよう「ここは幸せだよね」『案外良いもんだよね』と身を寄せ合っている。

みんなで身を寄せ合って共通の悩みや愚痴や不安や不満を話しているから安心という関係。

しかし、例えば意を決して合コンに行ってみるとか自分が気になっていた人に自分からアプローチするとか
自分がずっとやりたかった事を始めてみるとか夢に向かって1歩を踏み出してみるとか新しい世界への一歩を踏み出そうと希望に胸を膨らさせて箱からすっと頭を出す。

すると
『合コンなんかに来る男ろくでもないよ』『あなたが良いって言ってる人いろんな噂があるよね』『せっかく今までやって来た事辞めちゃうの勿体ないよね』『夢を叶えるなんて一握りの人だけだよ』と『不幸同盟』の仲間が全力で箱の中に押し戻そうとする。(わたしを出し抜いてこの箱から出て観た事ない景色を見るなんて赦さないわよと言わんばかりの引き戻し(笑)


引き寄せの法則』や『波動の法則』からの視点で見れば、『足を引っ張る人』は自分自身の恐れが創り出した現実かもしれないし、もとに戻ろうとするホメオスタシスかもしれないし、コンフォートゾーンに戻ろうとする回避なのかもしれない。

しかし、いずれにせよ。『今いる場所』から新しい場所へ移行するという事はざわざわするような現実を創りだすと言う事です。

『不幸同盟』に足を引っ張られ結局箱から出るのを諦めてしまう婚活女子や夢を諦めてゆく主婦の話を沢山沢山聞く。

オンナがオンナの敵になることなく互いの夢を応援し合える為には、

一旦「孤独」と言うものを受け入れる必要があるのかも知れないですね。

『箱から出て新しい世界』を愉しむ為には、

今まで群れていた人たちとの決別、その時に感じるある種の「孤独」を受け入れ、また今まで仲良くしていた人たちに「後ろ指を指されること」を恐れないある種の「覚悟」が必要なのでしょう

https://www.instagram.com/p/BR9oW3kjwnR/
★宇宙からのスピリチャルメッセージ覚醒とは幻想から目覚め妄想から自由になること

そして、自分のある種の覚悟で踏み出したその『箱の外』の世界を強く強くイメージする事。外の世界を明確により強く強くイメージしその感覚の中常に身を置いて、『不幸同盟』の仲間の助言ではなくその外の世界を生き、そして謳歌しているであろう自分からの声に耳を傾ける勇気も・・

f:id:sessionnaomi:20170408145251j:plain
週末の雨に散りゆく桜を愛でながら
そんなことを強く強く感じる春♥︎


桜が満開に咲いて
あっという間に散って行くように

宇宙レベルから観たらわたしたちの人生もあっという間。

そのあっという間の人生をどんな風に過ごしたいか?『在りたい自分』を明確にしてゆく2017年。

アメブロ
http://ameblo.jp/session-naomi
Facebook
https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5
・LINEブログ
http://lineblog.me/session1170/

愛もお金も自由も全部いらないと自分の幸せを制限しているのは自分だと気づかないと『底・底』と矢印を下に向けて生きてゆく

f:id:sessionnaomi:20170406220904j:plain
◆「人生設定」は自分がしている

人は「絶対的信念」を基盤にして人生を創造していますが

その『絶対的信念』を下地にして自分の人生の『シナリオ』を書いている。大抵の人が自分の幸せや豊かさに「上限」を創っていてその天井に頭が付き始める「底へ底へ」と下げてゆく。矢印を上ではなく下へ下へと向けて生きているのです。それはまるで四角い箱の中にいて、箱から頭が飛び出しそうになると慌てて箱の中に戻るようにも観える。『底へ底へ』と向かい「そこそこ」の人生を創り出す。『そこそこで良いよね。』と言うコトバに象徴されるが、そこそこの人生を創造する為に下へ下へと矢印を向ける。

自分が創った天井は、
・そこそこの結婚生活
・そこそこの仕事
・そこそこの経済
を創り出し、天井に近くなると「結婚生活に問題を創る」『仕事がうまく行かなくなる』『収入が減る』などの現実を創造する。なぜならば自分自身(のセルフイメージ、の絶対的信念、の設定)を護る為に『天井を超えて』は行けないからです。

どんな人にでも無限の可能性があります。
しかし、(わたしを含め)どれだけの人がその可能性を信頼し、天井を超えてその可能性をどれだけ生かしているのでしょうね。

人が意識出来ない潜在意識は95%をしめると言われていますから、自分が意識して生きているのはわずか5%。わずか5%なんですね。この5%の中で悩んだりやり方を変えようとしたり模索しているって事です。

なんて小さな小さな箱の中で生きているんでしょう。

無限の可能性があるこののこりの95%を私たちは『観ないふり』『気がつかないふり』『分からないふり』をして、そして、『小さな箱の中』でぬるま湯に浸かり続ける。

ぬるま湯の中で寒くなると近くの人と繋がって繋がる事で不安や恐怖を一時的にしのぐ。多くの人がそうやって『そこ=底』で生きて行くと(無意識にでも頑に)決めている。



2017年は『豊かさ』の定義そのものが変わり始め、お金があればとか人脈が在ればとか外側を満たす事ではなく、心の豊かさ・心の安心感のようなものを求める事へと移行しています。おそらくこれからの10年は大きく経済とか結婚とかそういう全ての定義そのものが大きく変わってゆくのでしょう。

いばや通信


坂爪さんの生き様やまた坂爪さんを応援される方また坂爪さんに共鳴される方を観ていると『豊かさ』の定義そのものが大きく変わり始めているのを感じます。

そして、社会の枠に囚われず『わくわく』とか『どきどき』と言う自分の内側の声に従って生きてゆく新しい生き方を選択する時でさえ、残りの95%の扉を開く必要があることも坂爪さんの選択を観ていて感じるのです。

扉を開くカギは『今までとは違った選択』をしてみる勇気

『何かを達成すると言う成功思考の生き方』も、また『わくわく・ドキドキを生きる魂優先な生き方』であっても結局は「今までと違って選択」と言うざわざわする選択をすることが必要だと言う事です。ざわざわする選択をして一歩足を踏み出すその勇気が必要なのです。



箱から頭を出して観た事のない景色をみてみたい。

それは別に何かを成し遂げたいとか有名になりたいとかお金持ちになりたいとかそういう外側の何かを満たしたいと言う欲求ではなくて、内側からわき出す魂の叫びのようなもの。

下へ下へと向けて来たその矢印をほんの少しだけ上に向けて青空を見上げ大きく深呼吸するかのように『未知』へと背筋を伸ばして行く

そんなふうに生きてゆきたいと美しい空を見上げながら感じるのでした。
f:id:sessionnaomi:20170406231002j:plain

『魂の声』に正直に生きたい

それがわたしの願い。




アメブロ
http://ameblo.jp/session-naomi
Facebook
https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5
・LINEブログ
http://lineblog.me/session1170/

相手を試す事なく愛されてしまう。愛に降伏すると未知の扉が開いてゆく

f:id:sessionnaomi:20170404222944j:plain
相手を信じられないのは自分が自分を信頼していないから

愛されてしまうことはなぜそんなにハードルが高いのだろう?

互いに魅かれたから付き合い始めるのに、相手はちゃんとあなたに好意をもっているからこそ付き合い始めたのになのに相手のその気持ちが信じられない。信じられないから何度も何度も試す。『これでも私が好き?』『こんな私でも好き?』そうやって相手の気持ちをはかり、試す。何度も何度も。。

相手を試す心理の根底にはあなたが持っているあなただけの『愛に対する絶対的信念』が在ります。

人それぞれ定義が違う絶対的信念ですが、愛を信じられない人は「わたしは愛されない」『わたしは愛される価値がない』『私の周りの人は必ず離れていく』『人間は結局1人だ』などの絶対的信念が根底にあり、この信念を正しいものにしようと相手に仕掛けてゆきます。

例えば「男性はすぐに切れる」⇒「わたしは捨てられる・男性はわたしのもとから必ずいなくなる」なんていう信念を持っていると、寛容なカレを『切れ』させるような言動をとり続けます。どんなに寛容であなたを愛している人で在ってもあなたが何度も何度もはかれば嫌になる。うんざりするのは当然でしょう。相手がうんざりしたり、うんざりするだけではなく、あなたが持っている「男性はすぐ切れる」と言う信念のまま『カレが切れ』もしあなたのもとから去れば『あなたの勝ち』なんです。・・ほら、やっぱりわたしのもとから去った!!!と見事自分の絶対的信念を全うすることが出来る訳です。

馬鹿げていますが、『恋愛がうまくいかない』『結婚生活がうまくいかない』人はこうやって『仕掛けて』いるのです。これは絶対的信念なので自分自身がこのからくりに気づかない限りずっとエンドレスです。だからもし、自分の恋愛や結婚に『パターン』があるとしたら何かしらの「信念」=からくりが存在していると思っても良いですね。

・自分はどんなパターンを繰り返しているか?
・自分自身がどんな信念を持っているのか?
・どんな風に変えてゆけば自分が幸せになるのか?
そこに気づき、変化させてゆくことが恋愛やら結婚生活を改善するポイント

恋愛がうまくいかないもの、結婚生活がうまくいかないのも『相手』の責任ではなくて、自分が持っている・自分の根っこにある『信念』のせいだと気づく事がとても大切。

また、相手の言動が不安を生み出しているのではなくて、自分自身の中にまず自分を信じられない自分がいて、その自分が目の前の人を信じていないから不安なのだと理解することです。

そもそも人は「未知のもの」に対して「不安」を感じるよう出来てます。これは人間が進化する過程で出来た自分を護るプログラムです。だから、その不安をなくそうとしても無くなりはしません。

・新しい仕事に対する不安
・お金(経済)に対する不安
・恋人が自分以外の人を好きになるのではないかと言う不安
・結婚生活に対する不安

人はいろんな不安を抱えるけど、それはそのツールごしに自分の中に在る「安心感の欠如」が観えているだけなんです。ですから、仕事に慣れても・お金が増えても・彼氏がずっと好きでいてくれても・結婚生活が波風が立たずに続いても「不安」は無くなりません。外側が問題なのではなくて、自分の内側にある『安心感の欠如』が生み出しているだけだからです。

ここに気づかないとずっと不安をどうにかしようと『青い鳥』探しが始まってしまう。

不安はなくなりません。だって、それがあるから生きてゆけるのですからね。でも、必要以上に不安を感じる場合は、自分の中にある『安心感の欠如』を和らげるよう自分自身をとことん見つめる事と満たす事が必要です。自分の中に在るものなのですから、自分でなんとでも出来る訳です。自分の中の『安心感の欠如』が和らぐと相手に満たしてもらおうとかなんとかしてもらいたいと言う依存も薄らいでゆき、結果愛そのものからもカレそのものからも自由になる事が出来るんです。(その不安を楯にして相手をはかるからややこしい事になる。自分の不安を相手のせいにして相手を引き止めようと諮る。でもそれは愛ではなくて取引。そこにも気づくと良いかな)

目の前いるパートナーは間違いなくあなたを愛しているからこそ目の前にいる訳で。相手があなたを愛していると言ってくれるそのコトバを丸ごと受け入れる事が出来たらどんなに心が落ち着くでしょう。その後カレの気持ちが変わるとか他に好きな女性が出来るとかそういう未来に対する不安で今を丸ごと愉しむ事を辞めてしまうのもあなたが持っている「安心感の欠如」が要因、決してカレの言動のせいではないの。

だから、すべて自分次第です。

相手を試す事なく愛されてしまおう
今この瞬間愛されてしまおう

そう、愛されても良いと愛に降伏してします。そうれば今まで閉ざしていた扉が開きパートナーシップの新たな形が観えてくる。

旦那様に勝っても何の得にもならないのに勝とうとして結局自分で幸せや豊かさをたたき壊してしまうのはなぜでしょう?

f:id:sessionnaomi:20170402120917j:plain
◆世間の言葉に踊らされない

『起業女子』と言う不思議な言葉がありますね。なんだか不思議な言葉。

でも、こんな言葉に踊らさせれて女性としての幸せとか豊かさを自らぶっ壊している人。。多いなと感じます。

仕事をしないとイケナイとか稼がないと不安とかオンナでも稼ぐべきだとか7桁稼げとかそんな言葉に踊らされて『本当に自分がしたい事』がわからなくなっている人がいる。

旦那様が「疲れた」『会社の上司が馬鹿で使い物にならないんだ』なんて愚痴る
それは旦那様にとってリセットの時間なんだと思うけど、そんな愚痴を聞いているとイライラして「わたしだってこんなに頑張っているんだ」と旦那様と『どんなに大変か』を競う。とにかく負けたくない。「そんなことで愚痴ってるなんて根性ないじゃん」と心の中で毒づく。馬鹿にする。見下す。そうやっていつもいつも心の中で旦那様と競っている。

家に帰って奥さんが戦闘態勢だったら旦那様の居場所はないですよね。

さて、旦那様に勝って何か得になる事が在るのでしょうか?
旦那様の居場所を奪って未来に幸せがあるのでしょうか?

無意識に旦那様に勝って、旦那様を見下して、どんどん不幸せな方へと舵を切ってゆく。起業女子と言う言葉に踊らせれている人がみんながみんなそうだとは言わないけど。。そんな女性が多いように感じます。

もし自分が本当にやりたい事をやっているのであれば毎日愉しいでしょう。当然イライラなんてしないだろうし、やりたい事をやらせてくれている旦那様にうんと感謝をするだろうし、それが出来る毎日をありがたいと感じるだろうし。結果、感謝の気持ちで家事も仕事も楽しめるはずなんです。

だけどそうでないのであれば、それは
旦那様のせいでも
子どものせいでも
年のせいてもなく
あなた自身の選択が少し違っていると言う事です。

『わたしは起業女子と言う言葉に踊らされてはいないだろうか?』
『主婦でも稼がないといけないと思ってはいないだろうか?』
『自分にとって本当に大切なものはなんだろう?』

と自分自身に問いかけてみる事が大切だと思うな。

世の中がこうだからとか周りのみんながこうしているからとかそんな外側に振り回されていたらいつまでたっても不満と不安しか感じない。だって外側はコントロールすることは出来ませんからね。

自分を中心に持って来て再度問いかける事が大切ね。

『わたしはどう在りたいのだろう?』

BEING=在りたい自分

を問いかけることです。

仕事もお金もツールでしか在りませんよ。そのツールを使ってどう在りたいのか?そこが大事。

踊らされている人は自分ではなくてツールに重きを置いているのだと思う。

旦那様に甘えられない人のチャクラ|幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン・東京

2017年はハートを生きる時代の幕開けです。ハートを生きる為には7つのチャクラすべてを開いて覚醒してゆくことが大切。まずはそれぞれのチャクラを「意味」を知ろう

f:id:sessionnaomi:20170401130203j:plain
◆第1チャクラは絶対的な安心感を生むチャクラ


第1チャクラは背骨の底部に位置している
原家族や肉体をあらわすチャクラですが、ここのチャクラが活性化しているか否かで
『絶対的な安心感』を得られるか得られないかが定まってゆきます。

家族の中で
・「そこ」を心地よいと感じ
・受け入れられていると感じ
・違和感なくそこにとどまる事が出来たかで
それを基盤にして他者との関係を結ぶ事が出来るようになる。

しかし、残念ながら親から受け継いだ信念や概念を持ったままだと自分をより表現する事が出来ない。

だから、人は成長のある段階で一旦この『繋がり』を断って再度自分自身と繋がる必要があります。

親や社会からの繋がりを一旦断って自立する

不安や淋しさを感じる時間ですが、この孤独や孤立した時間を過ごす事で
人は真に自分自身と繋がることが出来るようになる

1人でも平気、自分で自分を満たす事が出来るようになると絶対的な安心感を得る事が出来る

孤独・孤立を恐れないことが第1チャクラを活性化するポイント

★第1チャクラは
絶対的な安心感を生むチャクラ


f:id:sessionnaomi:20170401130259j:plain
◆第2チャクラは全ての創造力を生むチャクラ

第2チャクラは下腹部からおへそにかけて位置している

感情や『コントロール』と言うキーワードのあるチャクラですが、このチャクラが活性化しているか否かで

『自由』を得られるか得られないかが定まってゆきます。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化します。

その時に感じるのは『未知』に対する不安です。

今までは親が社会が引いたレールを歩いて来た。しかし、繋がりを断ち切ると自分で道を切り開いてゆかなければならない。

その未知に対する不安や恐怖から自らを護る為に「コントロール』と言う選択をするようになる。

未知に対する恐怖や不安を最小限にする為の選択です。

しかし、更に自分自身が「開かれて」ゆく為にはその『コントロール』を手放してゆく事が大切になってゆきます。

なぜならば
もはやコントロール出来ないその先にしか宇宙の領域を体感する道はないからです。

そして、
自分の中に在る「すべてを支配していたい・コントロールしたい」と言う支配やコントロールを手放すと人は初めて人や他から支配されると言う恐怖や未来・未知への不安から自由になります。

自由になったことで全てを創造するエネルギーが活性化される

決めないと不安、自分の手の中にないと不安と言うコントロールを手放す事が第2チャクラを活性化するポイント

★第2チャクラは
自由を生むチャクラ

そして、すべてを創造するチャクラ

f:id:sessionnaomi:20170401130348j:plain
◆第3チャクラはコントロールを手放すチャクラ

第3チャクラはみぞおちのあたりに位置している

他者との関わりを司るチャクラで『自己に対する責任』と言うキーワードもありますが、このチャクラが活性化しているか否かで

『自分を尊重』出来るか出来ないかが定まってゆきます。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化し、そして恐れや不安から生まれる「コントロール」を手放す事で第2チャクラの創造性が目覚めてゆきますが、さらに自分らしく生きる為には、育つ過程で強くした「分離感」を手放してゆく必要が在ります。

この分離感が、『他者と競う』『他者と比べる』『ジャッジする』などの意識を生み、他者に嫉妬をしたり妬んだり、または必死に欠けていると感じる何かを補おうとする意識を生む。

しかし、残念ながら自分以外の何者にもなる事は出来ません。わたしたちはわたしたちを生きる事しか出来ないのです。

だから、自分は自分。他者は他者。とどちらも認め優劣やジャッジではなく中庸を選択するよう意識してゆくことが次のステージに行くには必要となります。


『他者と競う』『他者と比べる』『ジャッジする』などの批判やジャッジを手放す事が第3チャクラを活性化するポイント

批判やジャッジを手放し、他者と比べなくなることで自分を全うする事が出来るようになると自らが決心・決断する事が出来、自分を生きる喜びとともに『自分の人生を生きる責任』を取る事が出来るようになる

★第3チャクラは
責任感を生むチャクラ

そして、自分を生きる事を創造するチャクラ

f:id:sessionnaomi:20170402120309j:plain
◆第4チャクラは『赦し』のチャクラ

第4チャクラは胸の中心部に位置している

嫉妬・憎悪・恨みなど分離で感じた感情を自愛に変えてゆくチャクラでもありますが、このチャクラが活性化しているか否かで

心のまま生きる事が出来るかどうかが定まってくる。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化し、そして恐れや不安から生まれる「コントロール」を手放す事で第2チャクラの創造性が目覚め、分離感を手放す事で第3チャクラを活性化してゆきます。

他者と自分を分け、『比べる』ことで憎しみ・憎悪・嫉妬などが生まれます。この次元で私たちは「ない」と感じている者にフォーカスをしています。

愛されていない、受け入れてもらえていないと。。。

しかし、わたしたちが自分を生きてゆく為にはこの『ない』と感じているこの感覚を手放してゆく必要がある。

すでに愛されている、すでに受け入れられている、他者が自分をどう思うかではなく、自分自身が自分を愛し、受け入れる。自分のすべてを受容してゆくことで初めてわたしたちは他者を受け入れ、愛する事が出来るようになるのです。

自分のすべてを受け入れ・認めることで他者を受容する事が出来るようになる。

わたしはわたしを生きてよいのだ。と自分を赦すことが第4チャクラを活性化するポイント

自分のすべてを受け入れる事で初めて自分を生きる許可が出来る。


★第4チャクラは
赦しを生むチャクラ

そして、心のまま生きる事を赦すチャクラ

f:id:sessionnaomi:20170402120015j:plain
◆第5チャクラは魂の声を聞くチャクラ


第5チャクラはのどに位置している

コミュニケーション言うキーワードもありますが、このチャクラが活性化しているか否かで

『魂の声を聞くこと』が出来るか出来ないかが定まってゆきます。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化し、そして恐れや不安から生まれる「コントロール」を手放す事で第2チャクラの創造性が目覚め、分離感を手放す事で第3チャクラを活性化してゆきます。さらにジャッジを手放し自らを生きることを赦す事で第4チャクラが開いてゆきます。

ハートが開く事で初めてわたしたちは『自己信頼』『他者信頼』する事が出来ます。

この信頼感は絶対的な安心感を生み出しますが、この安心感のもとわたしたちは更なるステージを目指します。

それは『宇宙を信頼する』生き方です。

観えない未来を信頼する為には「自分の中から生まれるジャッジ」を完全に手放し『宇宙を信頼』してゆく必要が在ります。

100%宇宙のお任せ

は私たちの『想像』を遥かに超えた未来を創造してくれる。

その為には自分の内側から聞こえる『魂の叫び』をキャッチして体現してゆく事。

『魂の声を聞くこと』が第5チャクラを目覚めさせるポイント

委ねる喜びを享受することを許可する事が出来る。


★第5チャクラは
魂の声を聞き入れるチャクラ

そして、未知の可能性の扉を開くチャクラ

f:id:sessionnaomi:20170402125235j:plain
◆第6チャクラは宇宙の叡智と繋がるチャクラ

第6チャクラは額の中心に位置している

概念や信念を現すチャクラですが、このチャクラが活性化しているか否かで

『叡智』へと導く学びが出来るか出来ないかが定まってゆきます。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化し、そして恐れや不安から生まれる「コントロール」を手放す事で第2チャクラの創造性が目覚めてゆきます。そして、第3チャクラにある育つ過程で強くした「分離感」を手放すことで第4チャクラが覚醒し『自己信頼』『他者信頼』を赦す事が出来る出来るようになります。
また、自分と深く繋がる事で第5チャクラが目覚め「魂の声」を聞く事が出来るようになる。

魂の声を聞き始めると今まで自分が持っていた「概念」や『信念』はことごとく破壊されてゆく。


こう在らねばならないという枠が無くなるのでとてつもない自由を感じるようになる。

超意識と直に繋がるようになるので『宇宙の叡智』を引き出す事が出来るようになる。

ひらめきが生まれるチャクラ

U理論で言う所のUの谷を超えた後のひらめきの領域ですね。

古い概念・信念を手放しフリーになる事が第6チャクラを解放するポイント

★第6チャクラは
真の意味で心を開くチャクラ

そして、宇宙の叡智にアクセスする為のキーとなるチャクラ

f:id:sessionnaomi:20170403160913j:plain
◆第7チャクラは霊性を高めるチャクラ

第7チャクラは頭頂部に位置している

霊性を司るチャクラで『献身・超越的な考え』と言うキーワードもありますが、このチャクラが活性化しているか否かで

『宇宙からの恩恵』を享受出来るか出来ないかが定まってゆきます。

家族や社会との関わりで学び成長してゆくが、一旦その繋がりを断ち切ることで私たちは第1チャクラを活性化し、そして恐れや不安から生まれる「コントロール」を手放す事で第2チャクラの創造性が目覚めてゆきます。そして、第3チャクラにある育つ過程で強くした「分離感」を手放すことで第4チャクラが覚醒し『自己信頼』『他者信頼』を赦す事が出来る出来るようになります。
また、自分と深く繋がる事で第5チャクラが目覚め「魂の声」を聞く事が出来るようになり、古い信念がことごとく破壊され初めて宇宙の叡智を引き出せるようになる。

ひらめきが生まれるこの第7チャクラが目覚めると宇宙と直結した太いパイプが再度創られて、宇宙からの情報や恩恵を受け取る事が出来るようになる。

この宇宙からの恩恵を享受する為には「絶対的な宇宙への信頼」が必要。

宇宙に完全お任せ
宇宙よ、わたしを面白がって使って下さい

と委ねる事が出来ると自分では想像も出来ない領域へと移行してゆきます。

宇宙への絶対的信頼と自分と自分の人生を面白がられるJOYが第7チャクラを開くポイント

★第7チャクラは
宇宙と繋がるチャクラ

そして、宇宙に生かされて生きてゆく為のキーとなるチャクラ

オーラにはあなたの過去・現在・未来などすべての情報が刻まれています。だからオーラをリーディングすることであなたの可能性も知る事が出来る

f:id:sessionnaomi:20170330220141j:plain
オーラにはあなたの全てが刻まれている




オーラにはあなたの

・過去
・現在
・未来

が刻まれています。


オーラとは
生体が発散するとされる霊的な放射体・エネルギーを意味していますが、
wikipedia より)

このオーラが
◎どのくらい広がっているか?
◎左右のバランスはどうか?
◎上下のバランスはどうか?
◎ちゃんと肉体を包んでいるか?
を読み取る事で
その人の

◎過去(過去生)
◎現在
◎未来

を知る事が出来ます。

また、
7つのチャクラと連動させ広がりや色などを読む事で

たとえば
◎どんな男性に魅かれるか?
◎恋愛に対してどんなブロック・課題を持っているか?
◎結婚に対してどんな概念を持っていて拒絶しているか?
なども知る事が出来

同時に
★なにを意識すると開いてゆくのか?
★なにを受け入れれば問題をリリース出来るのか?
なども読み取る事が可能です。


では、具体的に
★どのように読むか?
★それぞれどんな意味を持つか?
を綴って行きたいと思います

あなたの恋愛生活のすべてがあなたのチャクラから読み取る事が出来る

◆恋愛出来ない人・恋愛してもうまく行かない人

恋愛出来ない人・恋愛してもうまく行かない人は、第2チャクラに問題があることが多い。

第2チャクラに未消化な問題があり、うまく『感情』を扱う事が出来ないのだ。

自分の感情をうまく扱えないので逆切れしたりまたはぐっと飲み込んで不機嫌になったりずっと我慢し爆発したり自分自身の感情に振り回され、自ら地雷を踏むか、爆弾を相手に投げ込む。


また、
1つのチャクラの働きが弱るとその前後のチャクラは影響を受けるので

◎自分の生きている意味、存在価値を見出せ
◎人をコントロールする
◎人に依存する
◎人との関わりが苦手

などうんと人に依存するか拒絶するか極端に出やすい。

f:id:sessionnaomi:20170324121440j:plain
◆結婚出来ない人(しない人)興味が全くない人は

第4チャクラに課題を抱えていることが多い。

あ、別に絶対結婚しなければ行けない訳ではないので、シングルをエンジョイしている方は別で、結婚をしたいと思っているのに出来ない(縁がない)また、どこかで結婚に対しての嫌悪感のような物が在る方に関しての話です。

そういう方は愛・Iがわからない。

第4チャクラの課題は、『自己信頼・他者信頼』なので

◎自分の欲求や自分がどんな人なのか自分自身に付いてわかっていない
◎人を愛する、愛されると言う事がわからない。または、受け入れられない。
◎委ねる事が苦手
などの課題を持っている方がとても多い。


また、1つのチャクラの動きが弱ると上下のチャクラの働きも弱るので

◎自分の言いたい事が言えない
◎人の言っている事に振り回される、または全く聞かない
◎他者を信頼する事が出来ない
などの課題を持っていることも多い。

f:id:sessionnaomi:20170324121619j:plain
◆いつもダメンズを好きになる人


ダメンズメーカーの人は
・7つのチャクラが全体的に閉ざしていたり逆回り
または動きが止まっていたり動きがとても小さくなってしまっている。
・第2チャクラが止まっていたり逆回り
・第4チャクラが止まっていたり逆回り
などの動きをしている事が多いですね。

まずは
自分のチャクラの動きから
★恋愛のパターン
★課題
★対策
などを知り、少しずつ言動を変え改善してゆくこと

セルフイメージをあげてゆくことです

そして
誰かの役になんて立たなくともあなたには価値がある、そもそも人を救う事なんて出来ないことや、わたしじゃなきゃカレは駄目・・なんていう幻想から目覚める事です。

f:id:sessionnaomi:20170324121908j:plain
◆いつも妻子がいる人を好きになる人


不倫体質の人は
・幼少期に親が離婚し父親不在
・両親の夫婦仲が悪く父親との関係に問題が在った
など第2チャクラに未消化の問題を抱えていることが多い

不倫体質を卒業する為には
人の物を欲しがることやリベンジするのは辞めるよう言動を変え改善してゆくことです

母親からの洗脳から自らと解き放ち、母親よりも幸せになってもよい、自由になってもよいと許可をし、その上で1から男性と関係性を築き上げることをたのしむことです。

f:id:sessionnaomi:20170324122010j:plain
◆なかなか男性と真剣に付き合う事が出来ない

恋愛奥手体質の人は

・幼少期に親が離婚し父親不在
・両親の夫婦仲が悪く父親との関係に問題が在った
などの経験やインナーチャイルドやトラウマなどの問題が未消化で第2チャクラに問題を抱えていることが多い

これは『不倫体質』の方ととても似ているが
恋愛奥手タイプは第1・第3・第4・第5チャクラが閉じていたりチャクラ全体の動きが小さい。

そもそも自分に自信がない。女性としての自分を認めていない。女性と言う性を受け入れていないことが多い。

恋愛奥手体質を卒業する為には

まずは
★自分の恐れの原因
★課題
★対策
などを知り、少しずつ恐怖を手放しセルフイメージを変え、言動を変え改善してゆくことです

f:id:sessionnaomi:20170324122547j:plain
◆意味恋愛に縁がない人

男性が怖い・苦手な人は、第2チャクラに未消化の問題を抱えていることが多い
・幼少期に親が離婚し父親不在
・両親の夫婦仲が悪く父親との関係に問題が在った
父親が支配的・または不在
などの経験をしていたり、第4チャクラを閉ざしていることも多い

恋愛に奥手な方ととても類似しているが、圧倒的な違いは男性を嫌悪していることと男性と一緒にいる自分を想像出来ない所です。

男性と縁のない自分を卒業する為にはまずは母親から植え付けられた男性に対する恐れや父親から感じた嫌悪感などに気づき、少しずつ受け入れてゆくこと。

恋愛が出来ない、同じようなパターンがあるなどLOVEに関する全ては、あなたの7つのチャクラに刻まれていれ、そのチャクラを読み取る事であなたの今後の改善点を見出す事が出来ます

次はチャクラの調整について綴りたいと思います

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]