幸せになる為のスピリチュアルレッスン

幸せになりたいあなたの願いが叶うスピリチュアルレッスン

思えばずっと『一人で頑張らなければ』と勝手に自分を追い込み不機嫌になっていたことをハタと思い出した件

f:id:sessionnaomi:20180427073724j:plain

◆不機嫌になり自分を罰する

あれ?今回は書いても良いらしい(笑)

むしろ書けと言うことなので更に綴ってみます


いつの頃からかなー。

『一人で頑張らなければ』って思い始めたのは。。。

3歳違いで妹が生まれたことも1つの要因かもしれない。

母が妹につきっきりになったから小さいわたしは『一人』と感じたのかもしれない。

更にもっともっと昔、、『過去生』でも孤独を感じる出来事が在ったのかも知れないですが、わたしの『魂』に深く刻まれた『感情+思考』の一つでも在ったようです。

そして、同時に

『頑張らないと価値がない』と言うキーワードもやはり子どもの頃に造り上げた1つの『思考』


母が妹にかかりっきりで何をやっても褒められた経験がない、だからもっともっともっと頑張らないと認められないと自分に鞭を打ち続けて来た。

そしてその根底には「認められたい」と言う強い想いが在ったのでしょう。

f:id:sessionnaomi:20180427082611j:plain

◆無価値観と孤独感と承認欲求と


7年ほど前に会社を辞めた。


会社を辞めたそのタイミングで、その時期当時付き合っていたカレがわたしの家に転がり込んで来た。しかし、転がり込んだくせに「別れたい」だの意味解らないこと言い出して、会社辞めて「さー、これから」って時ですよ!

え?だったらなんで家に来たの?

いや、行くとこないし、そもそも会社辞めろってあなたが言った。

いや、言ってないし!

そんなやり取りを何度も何度も何度もした!!

でも、状況が変わる訳でもなくて、、独立したばかりの私はその『痴話げんか』にエネルギーを費やしている時間はなかった。だから、沢山いろんな感情が浮上するのをぎゅっと押し込め淡々と仕事をしていた。

今思えばこれも『愉しくなくなった』要因の1つだったのだと思う。

いやーーー、冷静に考えても変な話じゃないですか?

好きじゃない人のとこにどうして転がり込む?しかも、仕事もない状態で!!

この時期ほんと苦しかったです!!!女性としてのプライドズタボロだし、独立したばかりで不安が一杯な時期で本当なら横で支えて欲しい存在が突然「牙」をむき出しにして敵対心丸出しでそばにいる訳ですからね。

そりゃー、苦しかったよね。。。

そんな状態が1年ほど続いたかな。。。


別にそれだけが要因ではないけど、わたしが自分の感情に大きく蓋をしたことでより苦しさを倍増させていたのは事実。

そして、そんな状態にも関わらず、相変わらずわたしは自分のお尻を叩いて

『がんばれ!!がんばれ!!がんばれ!!!!!!』とやり続けていたのですからね

さすがに悲鳴を上げたくもなるでしょう。

数年それでも観ないふり、感じないふりをしてお尻叩き続けてました。

すると

わたしの深い所からグロいどろどろした感情がわき上がりました

死にたい。。
消えてなくなりたい。。
もう嫌だ。。。

こんな感情が渦となりわたしを巻き込んで行った。

初めて感じた強い感情、そしてその感情の渦に巻き込まれ、とうとうわたしは起き上がることができなくなり、

死にたい。。
消えてなくなりたい。。
もう嫌だ。。。

頭の回りをその言葉たちの渦が回り始めた。

衝動に駆られなかったのは、身近に自ら命を断った人がいたから。それと『死んだら迷惑がかかる』とそんなぎりぎりの時ですら死ぬことも他者を意識する自分がいてくれたから。。。

ぎりぎりの状態でいつか自分を抑えきれず、強い衝動のまま死を選んでしまうことへの恐怖で

『もう無理です』と親に吐露することが出来たのです。

そして、わずか10日と言う短い時間で部屋を整理し、実家に戻る。10数年かけて少しずつ手にしたすべてを手放したんですけどね。そんな感慨深い想いを感じる暇もなく、そんな感情すらも感じないようにしてわたしは実家へと帰ったのです。

ここでも『感情』は置き去りでした!!!!

独立したばかりの不安なわたしが彼に裏切られ「孤独感」やら『無価値観』を強くしたのは事実。

10数年こつこつ積み上げて来たのに、一人でその全てを手放すと選択をしなければならなかった自分に感じた「孤独感」やら『無価値観』

そんな全ての感情はわたしの中に置き去りでした。


そして、1年ほど前

会社で働くと言う選択をして仕事を始めました。

最初の数ヶ月はほんと『楽』でした。

集客を考える必要も月末に払う家賃のことを考える必要もなかったから。。。

だけど少しずつ少しずついろんな感情が浮上して来ましたねー。

人と比べるわたし
勝手に孤独感を強くする自分
失敗を人一倍恐れる自分

そんな自分が苦しくって苦しくって。。。。

しかし、相変わらずわたしはぎゅっとそんな『感情』を押し込み、自分のお尻を叩き続けてました。ずーっとずーーっと。。。。

まー、当然ですが。定期的に「もー、無理!!」と緊張の糸が切れるかのように体調を崩し、会社を数日休む。数日休むと心と体がなんとかなるので、また仕事に行く。そして、誰にも何も言われていないのに自分で勝手に自分にむち打ち疲れて疲弊してダウン。

書いていると馬鹿みたいですが(笑)

当の本人は全く気づいてませんでした。

でもさすがに数回そんな状態が続けば、

はて、なんでわたしはこんなに自分に鞭打つんだろう??
誰に言われた訳でもないのになんで頑張るんだろう??
どうして『人に頼れない』んだろう?
なぜ失敗することをそんなに恐れるんだろう?

そんな疑問が浮上しますよね。

こんな風にわたしの中の押しやられた感情マックス。疑問マックスの見事なタイミングでのシチュエーションで

目の不自由な方との出来事だったのです!!!

これ

わたしの中で衝撃で。。。

目が不自由と言うある種のハンデを負った状態で、

人に助けを求めると言うこと
また
必要以上には受け取らないということ

そんな状態を目の当たりにして

わたしは変な『プライド』を持っていて、その『プライド』が泣き言を言うことを抑えていること。勝手に掲げた「プライド」のせいで、人との距離を遠ざけ「孤独感」を強くしていた事実。そして、根深い所に「わたしを観て!わたしを認めて!」と言う承認欲求が在るくせに『プライド』が在るため「ほっておいて!一人で出来る!」と突っぱねる。

めんどくせーーーーーー!!!(笑)

複雑すぎるわ!!!!!!(笑)

そりゃーーー、苦しくもなるわ。

認めて⇄自分で出来る(プライド)
助けて⇄頑張らないと!(無価値観)
辛い⇄どうせ誰も助けてくれない(孤独感)

複雑に感情と思考が入り交じり、まるで糸が絡まり、団子になっているような状態ですね!!

こりゃーーー、複雑すぎて自分でもどうしたいのかわからなくなるわ。

あまりにも長いこと

たとえば

シンプルな寂しいと言う感情を感じないで思考で「いや、今は一人で頑張るときよ!」なんて言いくるめて来た物だから。。

シンプルな辛いと言う感情を感じないで「いや、今はもっとやらないと!」なんて言いくるめて来たものだから。。。

自分が本当はどうしたいのか

わからなくなるのは当然です。

人の話なんて聞いている場合じゃないですよね。

強制的にセッションやらワーク止められるのは当然です!!

むしろ有り難いこと。

今は団子になった感情がほどけ始めたって感じです。

それと同時に『会社。。行きたくない』って感情が浮上(笑)

これをまた思考でぎゅっと抑えそうになる自分がいるんです。

感情はただ感じても良い。

感情に良い悪いはないのですからね。

でも

そこに思考をくっつけて抑え付けると感情が爆発する。


何度も何度も何度もクライアントさんに話して来た事実(笑)


自分がちゃーんと出来ていたか、やっていたかって言ったらノーだ!!!!

2018年は

とことん『実践あるのみ』ですなー。

ハートの扉が開いて「無価値観」やら『孤独感』が浮上して久々大きな感情に飲まれそうになるもすこーし意識を今に戻したらす〜っと消えて行った話

f:id:sessionnaomi:20180426195528j:plain

◆2018年は統合の為に深い感情やら思考の手放しが起こる1年


自分に向き合え

と言う上やら宇宙やらの指令でずっと自分を向き合う時間を過ごしています。



今まで学んだこと
今まで受け取った知識を

智慧に変えるプロセス

とある種の諦めと希望を持って「今」を生きると意識して過ごしてます。


ここ数年感情と思考を切り離すことを意識してきたおかげで大きな感情に振り回されることが少なくなったと思っていました。ところが、昨日最近「覚醒モード」の妹と話してて気づいたのです!!!

感情をコントロールしすぎ、また大きな感情を抑え込もうとしていたことに。そして、それが「喜び」を半減させていた事実に…


悲しみや不安や寂しさも感情であり、感情に優劣はない。

なのに悲しみや不安や寂しさを感じると苦しい物だから無意識ですが、ぎゅーっと抑え込んでいたわたし。


わたしに嫌われた感情の数々

嫌われちゃったら駄々捏ねたり、拗ねますよねー。

押し込まれた感情が拗ねちゃって、ヘソ曲げた!!…そりゃ〜面白くなくなるのは当然だ(笑)


まだまだ「ちゃんとしなければ」と真の自分を押さえ込んでました…この気づき…これが大きな「受容」のエナジーとなったようで、気づいた途端ハートの扉が開放し

うぁーーーーーーーーーっと感情が浮上し始めました。



そして、更に今日
その感情のスイッチを入れる出来事が在ったのです。



f:id:sessionnaomi:20180426201134j:plain

◆体に残っている痛みは過去生や過去の痛み


駅に向かう途中目が不自由な方が前を歩いていてました

駅へと急いでいた私はその方を追い越そうと横に並んだ途端

その方が立ち止まり、

『すみません!!すみません!!』と声を上げ始めました

そばに近寄り

『どうしましたか?』

と聞くと

『駅に向かうエスカレーターに乗りたいのですが、エスカレーターの場所が解らなくなってしまって』

『駅までならわたしも行くのでご一緒します』と答え、そっとその方の腕を取りエスカレータまでナビゲート。

エスカレーターで上まで上がると

『大丈夫でしたか?上まで上がってしまって』とわたしを気遣い

『助かりました!ありがとうございます』

と軽く頭を下げ歩いていかれる


改札に向かいながら少し気になりその方を観ると

立ち止まり何やら探している様子。

また戻り

『何かお探しですか?』と声をかけると

『あ、大丈夫です!買い物しないといけなかったのを思い出したんです、有り難うございます』と言いお店に向かって歩き始めました。


こんなやりとりがわたしの奥に押しやられていた『感情』浮上のスイッチとなったんです。


わたし、

困った時ああやって声を出せるだろうか?

サポートが必要ない時ちゃんと断ることが出来るだろうか?

と自分の行動と照らし合わせたのです。

すみません!と声を上げる勇気
断る勇気

わたしにあるだろうか?…

わたしは『困った時に助けてとは言えないなぁ・・・』

苦しい時に苦しいと言えないから
言わずに一人で頑張って来たな。。。

内側に言わない
言えない言葉が沢山ある…

「1人で頑張らなければ…」

と自分に鞭打ち
生きてきた

誰にも

頑張れと

言われた訳でもないし

周りを見渡せば
沢山の存在がいるのに…

1人頑張らないと!

お尻叩き続けてました

だから『孤独感』強くなっていたんだろうな。。。


なんて

今更ながらに自分の『癖』に気づいてはっとした


するとそれがスイッチとなり体の深い所からうわーっと感情が浮上。


その感情と結びつくキーワードは

『無価値観』『孤独感』



うぁーーー、

この無価値観が
わたしを必要以上に追い立てていて

この孤独感が
恐れとなり、わたしのハートを閉ざしていた!!!!!!



いやーーー、

随分「癒して」『満たして』『手放して』来たかと思いきや

まだまだ深い所にこんな『ボスキャラ』的な感情が隠れていたのかとびっくりでした!!



すると更に更に感情スイッチがまた入り唐突に


『死にたい』『消えてなくなりたい』『もう嫌!!』そんな言葉とともに絶望感のようなものがうわーーーーっと浮上!!!


これらの感情は実家に帰ることを決めた2年前に強く感じたあの感情の数々でした!!

やばい!!
浮上した!!!
怖い!!
死にたいって…まずい!!

不安と不安定な状態で
その感情の渦に飲まれそうになる

しかも
電車の中で…

怖い…
怖い……

うーー!!!


一瞬の間があり…



ん??この感情って今のもの??
いや、今感じている感情ではないよね?
あれ、いつの感情なんだろう???
(死にたいと思うような直接的な現実が目の前になかったので冷静になれたのですが)


あーーー、
蓋をして奥に置き去りにされている感情が浮上したんだ。
(子供の頃や過去生やらの古い感情だったようです)

やっと現在のわたしを信頼して『感じても安心!』とばかりに浮上したんだ


そんな風に「今」を感じることで
感情の渦に巻き込まれることはなく、ただただ感情を感じリリースすることが出来た出来事でした



全ては

波の様なもので

ぎゅっと力を入れて

負だと認識してる感情の波を抑えれば、当然プラスだと認識してる感情も同時に押さえ込まれる

結局
必要以上にわたしが

感情をコントロールしようとし続けた結果置き去りにされた感じが沢山有って

その感情が不貞腐れ、拗ねて

全く楽しく無くなってたんです

全ては「バランス」ですな!

コントロールすべきは

「思考」でした!!


いやはや、、、
2018年はほんとスパルタですわ(笑)


ちょっと観る角度を変えれば
ちょーーーー軽くって愉しい1年です。

しかし、
軽くなればなるほど
シンプルになればなるほど、

自分の中にある古い感情や思考は浮上しやすいようで


更に軽やかになる為のプロセスですが、

大きな感情やら
根深い思考が浮上するとやはりびびります!!

今回浮上した

「孤独感」と「無価値観」

まだまだ、
掘って抱く必要があるようですが…


わたしの「核」となる
キーワードだからね

しかし…

徹底的に

ご自愛のプロセスを歩む1年のようですね。




健忘録

自分の変化の記録として綴りました♡

宇宙の流れに乗ると物事はスムーズに行く。『グレイテストショーマン』を見ようとするものも2度も予約が出来ず、結果わたしに今一番必要であろうものへと導かれたって話。

f:id:sessionnaomi:20180419035848j:plain

◆自分を大切にするということ


ずっと『書く』ことは自分を表現することだった。

しかし、
いつの頃からか変に色気き(笑)書くという自己表現が外側に向くようになってしまった。自分の内側から浮かんで来た言葉ではなく、外側の人を意識した文章を書き始めていたのです。その為あんなに好きだった書くことが重荷になり、どんどん枯渇感を生んでしまっていた。

だからか、原点に帰れとばかりに『書く』と言うことすらも手放されているわたし。

そして、その変わりに2018年に入ってからはとことん内観させられてます。自分の深い部分と向き合い、自分の思考やら感情の癖に気づかされる日々です。

だけど、

2018年はとてもシンプルなので、すべてにおいて解りやすく答えがやってくる。

今日も「自分」を大切にすると言うこととはどういうことなのか?

改めて感じさせられる出来事が在ったのです。

★★★

先日少し時間が空いたので久々映画を観ようと思い立ちネットで調べてみました


そして私がチョイスしたのは『グレーテストショーマン』

いろんな所から『面白かった』とか『良かった』なんて声が聞こえて来たし、ヒュージャックマン大好きだからと言う理由。

ネットから予約をして映画館に向かいました。映画館につき、チケットを発行しようとするとチケットを購入することが出来ない。『ん??どうしたんだ??』と携帯で再度確認するとなんと購入の最後のボタンを押していなかったため予約が出来ていなかったのです。改めてチケットを購入しようとするものも席は最前列しか空いてなくて。さすがに最前列はしんどいと

結局その日は映画を観ることを諦めて帰宅した。

それから数日経ったレディースデーの昨日。

前回観ることが出来なかったので再度「グレーテストショーマン」を携帯から予約しようとした。だけど最後の最後でボタンを押し間違えリセットになってしまう。

最近は『スムーズ』に行かないときは無理をしない

『スムーズ』に行く=宇宙の流れに乗っている
『スムーズ』に行かない=宇宙の流れに逆らっている

そう意識しているから。

そうか、映画は必要ないってことなんだ。じゃ〜、今日わたしは何をしたら一番喜ぶかな?の自分に問いかけてみる。

すると『美味しい物が食べたい♡』

そう内側のわたしが答える。

そうか、美味しい物か。どんなものが食べたいの?

再度問うと

『美味しいパスタと美味しい野菜♡』


この時「思考」がパスタって・・炭水化物じゃん!みたいなことを言い始めたんだけど(笑)そんな言葉はスルーして以前友人に連れていってもらって美味しかった吉祥寺の「ヒラタパスタ」に行くことに決める。

思考が直感を邪魔するって再認識(笑)



ヒラタパスタはわたしの大好きなもちもちの生パスタと鎌倉野菜が頂けるお店♡

お〜、楽しみ💓

わくわく

わたしの中から「わくわく」する感覚が生まれる♡

ん、吉祥寺に行くんだったらも食事の後に観ることが出来る映画なんかあるのかな?

携帯で調べてみると食事をした後のちょうど良い時間に観ることが出来るのは「リメンバー・ミー

この流れはとてもスムーズ。

結局2度もうまく予約出来なかった「グレーテストショーマン」ではなく、全く自分が予想もしていなかった「リメンバー・ミー」を観るという流れに乗ったのです!

f:id:sessionnaomi:20180419042331p:plain

◆スムーズな選択は「必然なメッセージ」を含んでいる

そんな流れに乗っての「リメンバー・ミー」ですからね。どんな映画かは全くノーリサーチ。なんとなく家族のことが描かれている。その程度の知識。むしろ『家族かー。なんだかあんまり観たくない』と後ろ向き。どの映画を観ようとリサーチの時にあえてスルーしていて映画でもあったのです(笑)

今思えばわたしのエゴの拒絶だったのでしょうね(笑)悪あがき(爆)

f:id:sessionnaomi:20180419045316j:plain

過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。

ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。

伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。



ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、映画が始まって数分経って

『あーーー、この映画を見る為にグレーテストショーマンはスルーさせられたんだ』とはっきりと認識させられた(笑)

家族とか先祖のカルマとかそんな物が描かれていてわたしに必要なメッセージてんこ盛りだったのです。

グレーテストショーマンをスルーさせられた訳ですね!!(笑)



わたしの母親はかなり重い家族の歴史を抱えている。


小さい頃

母親の思い出話で、戦争のこと、家族のことなどを聞かされたが母親の昔話がわたしは嫌いだった。重いし愉しくないし、今更そんな話をされても小さいわたしにはどうすることもできないから。。。

今思えば母親はただただ共感して欲しかったのかも知れない。でも小さかったわたしには恐怖や不安を押し付けられているようでそんな話は重かった。

数十年ぶりに実家に帰り母親と時をともにすると、その重さを嫌でも感じさせられた。相変わらず昔話をする母の顔は暗いし…その自虐的な話は大嫌い!重い!暗い!

だけど…
わたしが感じるその重さはわたしが勝手に自分の中にある罪悪感にくっつけ放出させていたエナジーの重さだったのだと思う。でも在る意味その現実と向き合うことを避け(母親や先祖や先祖のカルマのせいではなく自分の思考と感情のせいと言う事実を受け入れず)、ただ『嫌い!』と決めつけた。

そして、わたしは意識的に母親やその母親の歴史のようなものを遠ざけるようになっていた。

そんなシチュエーションでこの映画だったんです(笑)

だから映画を観て、

もーー、
ただただ笑うしかなかったです。

結局…

わたしが観たくない、避けたいと思っている母親との関係や母親の歴史、そこに今わたしに必要なエッセンスが含まれているってことなんです。

なぜならば

わたしのルーツであり
「核」だから

そこを避けていてはわたしの真の幸せも喜びも自由もないと言うことなんです。頑固なわたしがその現実から避けてばかりいたものだから『リメンバー・ミー』という映画を使って宇宙(ハイヤーセルフ)が答えをくれたようです

だから

グレーテストショーマンはスルーをさせられたし、わたしが受け入れられやすい様に「ヒラタパスタの美味しいランチ」と言う前菜が用意されて(笑)

その流れからの

「リメンバーミー」

だったのです!(笑)




ただただ笑うしかない。

宇宙の愛に完敗です♡



自分を大切にするとは…自分の感覚を大切にし宇宙の流れに乗ること

そして湧き上がる感覚と受け取ったメッセージを「生かす」ことだと再認識した件♡

緑の龍さんとの対話〜魔はどうやって入り込むのか?

f:id:sessionnaomi:20171224060442j:plain
◆魔とは?

冬至をむかえるにあたりプラリ旅に行って来ました。

予定を決めたのは1日目だけ2日目はなかなか自分の中で決まらなかったのでフリーにし、行き当たりばったりにすることに決定。

そんな旅は小さな奇跡の連続♡

電車とバスと徒歩という移動手段なので行けれる場所は限られる。しかし、凄いタイミングで電車とバスが繋がったり行った先で思わぬ景色を見ることが出来たり、地元の方から情報を頂いたり・・・そんな旅をすると

つくづく人は生かされている・・そう感じる。

最近は御朱印をもらうのがブームなのか御朱印を持っている方を多く見受けるが・・・

ただ御朱印をもらっても何のご利益もないですよね。

そもそも『なんかくれー』と言うくれくれ族はまずはそう言う自分の内側を自分で満たすことをしないとね。

枯渇感は更なる枯渇感を生むだけです

幸せも豊かさもすべて内側にあると言う事実…そこに気づかないといつまでも幸せ探しのジプシーになります。

と言うことで緑の龍さんとの対話です。

質問・・・魔はどうやって入り込むの??

神社やお寺にご利益を求めて人は足を運ぶ

人が求めているご利益を頂けるのは『信仰』と言う土台在ってのことじゃ

強い信仰心が神社やお寺に足を運ばせる。昔の人は今のように自分だけのことを願ってはいなかったからな。それに願うのは小さな幸せだった。


しかし、今は周りを見渡せば何でもある。昔に比べて豊かになっているが、心は貧しい。心は寂しい

その心の隙間に魔が入り込むのじゃ。

>>豊かになったのにどうして人は外側に何かを求めるの?

昔はない生活が当たり前だった。豊かなのか限られた人種だけだったからな。

人と比べることも少なかった。見渡せばみんな自分と同じような人ばかりだった。

しかし、現代は人と比べることばかりだ。

そもそも学校教育そのものが『比べる』ことを根底として創られている。

金太郎あめ製造の場所じゃ。

そして、少しでも形が違うとはじかれ、成績という数字で人を数値化し、本当に人が生きる為に大切の「心」について何一つ教えない。

人は学ぶべきことを学ばずして成長してゆく。

そして
学校で『比べる』ことを学んだ人間は人と比べ、劣っていると感じると物や知識でひたすら自分を埋めようとする。

しかし、心は満たされてはおらんからな。

その心に隙間が出来るのだ。

寂しさ
嫉妬
劣等感
依存心
虚栄心
自己欺瞞
猜疑心

などが心の中で大きくなると

人の心の隙間が更に大きくなってゆく。

この隙間を狙って「魔」は入り込む

魔は誰の心にもある

魔は
寂しさ
嫉妬
劣等感
依存心
虚栄心
自己欺瞞
猜疑心

などを餌に大きくなったものじゃ

魔が入り込むと人としての大切な物を忘れてしまい『人でなし』(人ではない)になってしまう。

人ではなくなる=乗っ取られた状態になる訳じゃ。

それを
狐憑
とか
蛇に憑かれる
などと言うこともあるな。

その話はもっと詳しく教えてね



龍さんとの対話はわたしの心の状態がフラットで静かでないと続かない。

しかも、会話を文字にするのはとても時間がかかる。そうやって時間をかけているうちに頭の中に違う想いが浮かんでしまうこともあるので、会話をストップしました。



年末にかけて、また2018年をむかえるにあたって

魔に入り込まれる人も少なくない。

魔は大抵その人が抱えている「問題」『執着』などにぴたっと嵌るものです。

たとえば
お金がないという問題を抱えていると、そのお金を餌にいろんな形で魔が入り込む。
虚栄心、強欲を餌に龍や狐が入り込んでいる人も多いですね

また、恋愛に関する嫉妬や執着を持っているとその嫉妬や執着を餌に魔が入り込みます。
嫉妬や執着を餌にするのは蜘蛛や蛇などです

こうやって妖怪ランドのようになってしまう年末。

断捨離とは

物や思考や感情を手放すことで大切なことを思い出す神聖な儀式でもあります。

自分は本当に大切な物を失ってはいないか?
何に執着しているか?

そんなことを自分自身に問うて身の回りの物を整理し手放しお過ごしくださいませ♡

はっきり言ってわたし地球を舐めてました(笑)だからちょい浮くことを選択して生きていたのだと会社と言う学校を彷彿とさせる空間で気づいた件

f:id:sessionnaomi:20171220094803j:plain
◆愉しくない地球

わたしの魂は地球に遊びに来ています。

ま〜、わたしだけではなく多くの魂が地球って星を楽しむ為にやって来ているのですが、本当に楽しむ為にまずは愉しくない・・と言う状態を設定します。

そういう意味ではわたしの幼少期はパーフェクトでした(笑)

楽しむことが一番苦手という母親を選び、ザ・昭和な生き方をよしとしているこの母親のもと育ちましたからそれはそれはしんどかったです。

そして極めつけは当時今よりより支配的だった小学校生活です。

当時は美味しくない給食を残すと罰せられ、食べ終わるまで冷たくなった給食と向き合わされました。面白くもない授業を黙って聞いていなければいけませんし、少しでも目立てば叱られ、少しでもみんなと違うことをすればやはり叱られる。

しかも、そこには本音と建て前とか裏の顔とか底意地の悪い行動とか・・・


地球遊ぶぞ、いえーーーい、みたいなわたしには本当地獄の日々でした(笑)


えーーー、わたし地球を遊びに来たのにこんなに縛られて苦しい星だったんだ。しかも周りの地球人はまか不思議な信念に縛られて少しでもそこからはみ出そうとすると罰したり蔑む。

こんな星嫌い!!!

そしてわたしが自分を護る為に選んだのはちょい浮いて生きること(笑)でした。

しっかり地球に根を下ろすなんてとてもとても怖くって出来なかったのです。

そうやって幼少期を過ごすことで人一倍内観をする子どもになりましたし、人の心理や宇宙の真理のようなものに興味を持つようになったのでしょう。とは言え・・別に何かが観えた訳でも感じた訳でもなく、ただ漠然と

本当はこうなんじゃないかな?
実のところはこうじゃないかな?

そんな疑問を常に抱えていたように思います。

そんな自分の設定と選択を仕事しているその時間にはたと気づいちゃいました(笑)


その仕事場がおそらく小学校時代の学校を彷彿とさせたことも強い要因なのだと思いますが・・

追体験をさせられこれまた多くの感情やら思考が浮上して来て、そういう自分なりの結論が出たのでした。


はい、地球舐めてましたねー。

楽しむぞ〜とルンルンで地球に降りて来てます。

ところがどっこい地球の波動は超重い!!!

全くもって想い通りにならなし、遊ぼうとするとあっちこっちから縛られて、

自分の感情やら願いやらを口にするとことごとく却下されて・・・

そしたら諦めるのは当然の選択!!!


長い長い時間わたしは眠っていました


そして、長い長い長い時間をかけてわたしは

『地球に遊びに来た』

と言うわたしの真実を思い出した訳です。



目の前の現実はすべて自分が創り出している。

だからそこに真実(すべて)がある。

目をそらさずにそれ(真実)を俯瞰して見つめて観ることで違った物の見方や違う思考が生まれてくるものです。


次元上昇というとなんだかとてもスピリチャルな響きですし、なんだかとても特別なことのように感じますが、実は実はとても現実的。

気づく⇒知る⇒解る

この解る深さが深くなったとき、人は更に自分や自分の人生を客観視したり俯瞰出来るようになる。

このことを次元上昇(俯瞰する目線が高くなる)って言うんじゃないかな。

点在していた人生が
線になり
やがて絵になり
そして3Dになる

そのうち多面的に観えてくる

これが次元上昇って言葉だったり
パラレルワールドって言う言葉だったり

を意味しているのでは

なんてわたし個人は感じてます。

いや〜人生は面白い♡

御岩神社から連れて帰って来た緑色の龍さんはわたしの次のステージをサポートしてくれる指導霊であり、ガイドであり、わたしの中に在る叡智の翻訳者でもあるようです。宇宙の真理と人の心理を教えてくれそしてわたしがわたしとより深く繋がるようサポートしてくれています

f:id:sessionnaomi:20171220065622j:plain
◆御岩神社から連れ帰った緑色の龍


2018年はより2極化がすすむ年になりそうです。

だからこそ『自分を知り』『自分と繋がる』ことがとても大切になる!

日々自分がどんなことを考えているのか?

まずはそれを知ることですね。

人の心に出来たその隙間に日々考えていることが入り込みます。そして、それはやがてその人のフィルターとなり根付いて行くのです。

2018年のエネルギーはすでに10月辺りからスタートしています。


決めた人は目の前の現実がシンプルになってゆきますし、迷っている人はその心の隙間に「魔」が入りやすくなっているので要注意です!!!

そんな魔が入りやすい時期に御岩さんに行き、御岩さんから帰って来たら龍がいる


いやいや・・・大丈夫?龍さんはわたしにとっては遊び相手であり、学びの相手でしょ?
なのに今回ここに居る龍さんはいやに大きくて立派な感じがする。。。

繋がって大丈夫なんだろうか?わたしの心の隙間に入ろうとするエナジーじゃないかな??

すると

たとえばお前の目の前に札束が積まれたとする
今までお前が大切にして来た物とこれを交換するか?

そう緑の龍さんが聞くんです

いやいや・・・いらないです!!!!
3次元ではお金がないと不便なこともあるけど、でもお金って言うのは自分が差し出した愛の代償だって気づいたんですよ。自分が自分と繋がり宇宙と繋がり宇宙にわたしを生かしてもらえば必然的に「お金」と言うエネルギーは回ってゆく。
そう気づいたのでいらないです!!!

そう言うと

緑の龍さんがぐーーーっと顔を近づけ

それで良し!!

そう嬉しそうに答えた。そして、同時にわたしにはわかった

わたしに受け入れやすいような姿(龍の姿)で登場してくれているが、これはわたし自身の中にある叡智なのだと。


宇宙
指導霊
ガイド

自分が受け入れやすい呼び名で呼べばよい。

龍が好きなわたしに解りやすいように龍と言う形で現れてくれている。ただそれだけです。

そしてわたしが繋がった叡智は

宇宙の根源とか超意識とか呼ばれていますが、誰の中にもある智慧で誰でもアクセス可能なのです

特別なことでは決してありません!

自己信頼と他者信頼をし、正しく問うことが出来れば誰でも答えを得ることは可能!

だからこれからはグルとか変な指導者とかコントロールしてくる先生とか…ほんと必要ないです!

だって全て自分の中にあるのですからね^_^



こうやってわたし自身がわたしとしっかり繋がり、頭と心がクリアな時、この緑色の龍さんとの対話が始まるようになりました。


わたし自身が宇宙の真理と人の心理にとても興味があるので、それをわたしの中にある叡智が教えてくれているんですね。


そして気づいたのです!!!

わたしはまず自分自身としっかり繋がる必要が在ったのです。だから変な意識や違い次元と繋がらないよう沢山のエネルギーワークを学んだのです。

白龍さんと繋がりエネルギーワークを沢山させて頂いて時間はその為のものでした


そして、叡智を正しく知ることとシンプルに伝える言語を学ぶため、わたしは自分の中にある感情を感じ昇華させられました。

実家に帰って中2病を発症したのはそのためでした(笑)

宇宙の真理と人の心理を沢山「観る」ことにより、更に興味を持つようにも促されました。

多くの内観する時間を過ごしたのはその為でした

沢山の必然のプロセスを歩んだ後、こうやって緑の龍さんとの『対話』がスタートしたのでした。

いや〜、人生って超面白い♡

潜在意識に澱のようにたまっていた感情や思考が消えてゆくことによってわたしは深い深い叡智と繋がるようになり、そして御岩神社で緑色の龍さんと繋がったことで龍さんとのオモシロイ会話がスタートしました

f:id:sessionnaomi:20171219211518j:plain
◆実家に帰ったことにも大きな意味がありました

龍神社に足を運んだことで龍との繋がりがさらに深くなって行った。

この白龍さんは沢山のエネルギーワークをレクチャーしてくれ、またサポートをしてくれた。

そのサポートを受けながら多くのエネルギーワークをさせて頂く機会を得ましたが、この時期わたしは高次の存在や観えない世界への「確信」や『信頼』を得る時間を過ごしたように思います。

ところが数年経った頃ぴたっとエネルギーワークへの興味がなくなり、同時に『繋がり感』が薄らぎ「メッセージ」を受け取る感覚が少なくなって行ったのです。

所謂「後ろの人総取っ替え」だったのですが、それはそれはしんどかったです。

そして、その流れのまま実家に帰ったのですが、これまたしんどい日々が待っていた。と言うのも母への表現して来なかった感情が浮上し始めたからです。

いやーー、凄かったです(笑)

これでもかこれでもかというぐらい深い所から浮上する感情。

今思えばわたしの深い所にたまっていた感情を手放すことは次に行く為に必要なプロセスだったのでしょう。

驚くほど沢山の感情が浮上したそんな同時期内観する時間を多く過ごしましたが、内観することで今まで観て来なかった自分の『真実』を沢山知ることとなったのです。

人をジャッジする自分
人にレッテルを貼る自分

そんな自分を見つけてしまったり、深く深くダイブすることで沢山の真実を見つけました。

そして、人は自分で自分は人なのだと言葉ではなく実感したその瞬間憑き物が落ちたように中2病は終わり、すーーっとわたしの中が静かになって行きました。

あれだけ騒いでいたわたしはどこに行ったのでしょう?本当に不思議な瞬間でした。

そんな風にゆっくりと静かにわたしがわたしを取り戻したタイミングで行って来ました

御岩神社へ。

しかし、いろんなことが在った旅でもありました。

いろいろな気づきのあった旅だったのです。

そして、旅から戻ると緑色の龍がそこにいたのです

・アメブロ [http://ameblo.jp/session-naomi] ・Facebook [https://www.facebook.com/naomi.machimoto.5] ・LINEブログ [http://lineblog.me/session1170/]